年末が迫ると、今年やり残した事や、様々な集まり等で何かと気ぜわしくなりますよね。そんな時こそ〈大掃除は心の掃除〉。清潔さはもちろんの事、その先の楽しさに焦点を合わせてみませんか?

ゴール設定は〈自分らしく清潔でおしゃれなインテリア〉。綺麗になったインテリアを自分らしく整えていくことは新しい年を迎える活力になります。ゴールまでが遠く見えるかもしれませんが、目に見えて効果のある項目を積み重ねて行く事でモチベーションを高く保ったまま実現する事が出来ます。

その為にも、気をつけたいポイントは次の4つです。
  1. 自分にとっての「目に見えて効果のある箇所」を把握する
  2. 衛生的な必要性に迫られての部分は外注も視野に入れる
  3. 毎日の中で分けて取り組むなら「アラームを使う」
  4. 年末にまとめてやるなら「イベントにする」

自分にとっての「目に見えて効果のある箇所」を把握する

家で過ごす時間は、人によって様々です。「子育て中で、公園帰りに家で遊ばせてる間にご飯作る家が生活の中心」の人と、「いつも仕事で忙しくて、家はお風呂に入って寝る場所」という人では、整えるべき優先順位が違ってきます。

日中お家ですごす時間が長い方は、窓辺とダイニングテーブル
ちょっとの隙間時間にお茶を飲みながら窓ガラス越しの庭やテラスを眺める時や、家族で囲む夕飯時などが日常の楽しい時間だとすると、〈窓辺〉〈ダイニングテーブル〉を集中的に整えるのがおすすめです。

大掃除の定番ともいえる窓ガラス拭きついでに窓周りも綺麗にしてしまいましょう。ダイニングテーブルはお部屋の中で最も大きな水平面ですし、手で触れる機会も多いので、素材に合ったお手入れをしてあげると非常に満足度が高い箇所です。

・〈窓辺〉カーテン
重みのある素材や繊細なものはご家庭ではなかなか難しいので、クリーニングをお勧めします。一方でレースのカーテンは簡単に洗えますし、効果が絶大です。デザインや素材にもよりますが洗濯表示を確認してドライクリーニングのものであれば、大概「押し洗い」が可能です。脱水を軽くかけて、カーテンレールに吊るして乾かします。水の重みで乾かすのがコツで、ふんわりと洗剤の香りが漂うのも掃除気分を盛り上げてくれます。

http://www.livingmotif.com/shop/products/detail/17880

ブラインドの埃がたまるのが楽しみになるかもしれない〈redecker〉のブラシ/写真提供:リビング・モティーフ

・〈窓辺〉ブラインド
オシャレなブラシであれば、ブラインドの近く吊るしておいても絵になります。掃除をするのが楽しくなるスタイリッシュなブラシは、1936年に創業されたドイツの老舗ブラシメーカー〈レデッカー社〉のものです。良質な天然素材を熟練した職人が丁寧にしあげているので美しく、ヤギの柔らかい毛が隙間に入って埃を気持ちよく拭いてくれます。

 

www.yokodobashi.com

黒いネットの網戸は、あるのが分らないようなほどの透明感です。

・〈窓辺〉網戸
網戸は思いのほか汚れているので、窓掃除ついでに水洗いをしましょう。また、黒のネットに張り替えてもらうのもおすすめです。

通常の住宅で使われているのはグレーのネットですが、黒のネットは「外からは見えにくく、中からは外が見やすく」なり、お庭のグリーン生き生きと見えるようになります。コープランド東京や、神奈川県のスマイルコープのように各都道府県で、リフォームを中心に運営している生協があります。問い合わせは生協が受けて、地元の提携先業者を紹介してくれるので安心して相談ができます。

 

www.yokodobashi.com

黙って無心に磨く行為自体も楽しいもので、ピカピカのテーブルを飾る喜びもついてきます。

・〈ダイニングテーブル〉
素材に合ったお手入れが必要ですが、どのような素材にも共通なのは「まずは水拭き」です。かたくしぼった布巾で拭きながら、汚れやシミを確認します。オイル仕上げやワックス仕上げの無垢の木のテーブルは、磨くとしっとりとした風合いが戻って見違えるように綺麗になります。

 


お家で過ごす時間が短い方は、浴室・洗面所と玄関
自宅に帰って、お風呂に入り明日の準備を整えて寝るのが中心の忙しい方には〈浴室・洗面所〉〈玄関〉を整えるのがおすすめです。帰ってからの寛げるバスタイムと、出かける際に身なりを整える鏡をピカピカにしておく事は、気分の切り替えに即効性があります。

・〈浴室・洗面所〉
http://www.livingmotif.com/shop/products/detail/15213

磁石と軸棒で自立するかたち。白いもの、色物で別けてもよさそう/写真提供:リビング・モティーフ

 

http://www.livingmotif.com/shop/products/detail/17098

軸棒を外すとバッグになり、そのままクリーニングやコインランドリーにも持って行けます。

タオルや脱衣籠、石けん入れや歯ブラシ立てを新しい物にバージョンアップさせるのもおすすめです。今までのタオルは使い捨ての雑巾として、お風呂の天井や壁を拭くのに役立ちます。その際にベビーオイルを少量含ませてから金具を磨くとピカピカになります。

フレンチシックなバスケット類はZARA HOME、ホテルライクなグッズは表参道のマチュリテに豊富に揃っています。
*詳しくは「4つのスタイルで探す、表参道インテリアショップ12選」をご参照ください。

右の写真は、1919年に創業されたオランダの老舗メーカー・brabantia(ブラバンシア)社のドライニングバッグは折りたたみ式で、収納と持ち運び用のバッグ、2つの機能を持つランドリーケース。持ち手の部分をたたむとちょうど洗濯物を入れる口になり、広げた時には大きく広がるので出し入れも簡単。ショルダーバッグとして肩に掛けられるので大容量でも持ち運びやすく、クリーニング店への持ち込みにも便利です。

・〈玄関〉
後述の5分でできることにある項目の組み合わせで、15分ほどあれば綺麗にする事が出来ます。鏡をピカピカにしておくと、気分よく外出できます。

衛生的な部分は外注も視野にいれる

生活するうえでどうしても避けられないことに、衛生的な問題があります。代表的な場所としては「キッチンの換気扇」「バスルーム全般」「エアコンの洗浄」が挙げられます。

説明書を見ながら金具等を外していけば大概のお掃除できますが、子どもがいるとなかなかじっくり取り組みにくかったり、それなりに達成感があるがために衛生面だけの掃除で終わった気になってしまったりします。大掃除のゴールは〈自分らしく清潔でおしゃれなインテリアの実現〉なので、外注を頼む事もひとつの手ではあります。

外注する業者を選ぶポイントは「知らない人を家にあげる」ことになるので、信用できるところにお願いする事です。マンションにお住まいの方は管理会社に一度問い合わせするのもおすすめです。

また顔を会わせる機会のお多い生協もおすすめです。生協によってはナチュラルな洗剤でのお掃除サービス等、食のこだわりと似た商品が用意されていることも。近所の方と声を掛け合ってまとめてお願いすると安くなる場合もあるので、大掃除を機会に声を掛け合うのもおすすめです。他にもダスキンや、おそうじ本舗等の大手会社でもハウスクリーニングサービスを取り扱っています。また、〈プロによる大掃除の代行サービスをプレゼントする〉という選択肢もあります。
 

毎日の中で分けて取り組むなら「アラームを使う」

http://shop.lemnos.jp/shopdetail/006022000008/006/022/X/page1/order/

アルミ鋳造の美しいフォルムと、読みやすい文字盤のJIJIアラームクロック/写真提供:タカタレムノス

大掃除の日を作るのではなく、大晦日までに綺麗な状態にする事を目標に、5分や15分で出来る事を積み重ねていくのも一つの手です。少しの時間で出来る事を把握しつつ、お出かけ時刻や自分で決めた時間にあらかじめアラームをセットしてから取り組むと、安心して作業に集中する事が出来ます。日々細かく綺麗にしていくと、徐々に目に見える成果が出てきます。

●5分でできること
・ペン立ての書けるペン・書けないペンの選別
・出しっ放しの洋服をしまう
・ゴミをまとめる
・冷蔵庫に貼られた紙を仕分けする
・新聞紙をまとめる
・洗面所の金具を拭く
・鏡を磨く
・靴の埃をブラシでとる
・玄関の砂埃を掃除機で吸う
・トイレを掃除する
・洗った浴室のバスタブの全面を取り付ける
・洗ったエアコンのフィルターを取り付ける
・観葉植物の埃をとる

●15分でできること
・浴室の床と壁をブラシがけする
・浴室のバスタブの前面をはずす
・外した「浴室のバスタブの前面」の内側をブラシで洗う
・エアコンのフィルターをはずす
・はずした「エアコンのフィルター」をたわしでこすり洗いして干す
・電子レンジの内側をきれいにする
・冷蔵庫の賞味期限切れのものを整理する
・枯れている植物を整理する

取り組みやすい事から始めて、思いついたらtodoリストに足し、終わった項目にチェックをすると達成感があります。

年末にまとめてやるなら「イベントにする」

1人で取り組んで自分と向き合う時間にするのもいいですし、同居者がいる場合は多種多様な要望を聞き出すことでお互いの価値観をを知るきっかけにもなります。お互いの優先順位を把握しながら、先述の時間の目安を頭にいれつつ、あらかじめ休憩時間にアラームをかけて各自作業に没頭します。

一緒に休憩を取りながら、今年あったことや来年の目標を話すのも、〈年末の恒例行事〉として楽しい思い出になります。新しいお掃除グッズやリネン類も購入しがてらお出かけ先で話し合うのもおすすめです。

いかがでしたか?皆さんも是非、自分らしいオシャレなインテリアで素敵な新年を迎えられますよう。次のページに文中に出て来たアイテムデータをまとめておきます。