1島1リゾートのフィリピン パラワン諸島
エルニド・リゾート・ミニロック・アイランド

エルニドリゾートミニロックアイランド

水上コテージ様式のエルニド・リゾート・ミニロック・アイランド

フィリピンのパラワン諸島エルニドは、1島に1ホテルという環境を重視したリゾート開発の理念がさまざまに息づく、まさに地上の楽園です。エルニド入域の観光客はエコツーリズム開発税が課せられ、豊かな自然の保護保全にも対応する姿勢がみてとれます。

素朴な雰囲気のエルニド空港

素朴な雰囲気のエルニド空港でツーリストを出迎える島民たち

マニラのニノイ・アキノ空港から、リゾート専用機 ITI(アイランド・トランスボイジャー・インク)で約55分の飛行時間。わずか50席の小型便で、エアチケットは木製です。エルニド空港は未舗装のエリアもあって、昔懐かしい素朴な雰囲気で私たちを出迎えてくれます。エルニド空港からバスに揺られ港へ行けば、そこからの船を洋上で乗り継いで約45分、隔絶されたリゾートホテルの、エルニド・リゾート・ミニロック・アイランドに到着です。

水上コテージ

メゾネットタイプもあり選択肢が豊富なミニロック・アイランド

なぜ船を乗り継ぐかといえば、サンゴ礁がリゾート周辺を囲み、大型の船が横付けできないから。小型のバンカーボートでホテル専用の桟橋につけるのです。エメラルドグリーンの美しい海。その小さな入り江に広がる隠れ家風のリゾートホテルが、エルニド・リゾート・ミニロック・アイランドなのです。水上コテージ様式で、客室の目の前は綺麗な海。魚が泳いでいる様子が目視できる透明感が魅力です。

 

窓を開ければエメラルドグリーンの海
水上コテージ様式のロマンチックな客室

ミニロック客室

さざ波で目覚めるエルニド・リゾート・ミニロック・アイランドの客室

客室は、全部で50室。それぞれが水上コテージ様式で、客室タイプはウォーターコテージからデラックスシービュールームまで(定員は2~4名)、全部で8タイプあります。

独立した水上コテージはハネムーナーにぴったりで、ファミリーやグループにはメゾネットタイプのガーデンコテージやクリフコテージがおすすめです。シービュールームなら、窓外の海には魚が飛び跳ね、さざ波の音で朝を迎えることでしょう。

エルニド・リゾート・ミニロック・アイランドの桟橋はマリンアクティビティの発着地にもなっていて、水着のまま往き来ができるのが利点です。

各客室には、ミニバーやセーフティーボックス、ヘアドライヤー、国際通話可能な固定電話が備え付けられています。

海を眺めての開放的なレストラン 
ルームサービスやビーチバーも

フード

レストランはもちろんアクティビティ先でのランチも対応

レセプションがある中央棟のカブハウス・レストランは、120名(着式)収容可能なレストランで、夜にはムーディーな生演奏も入ります。ビーチを眺めてロマンチックな雰囲気で、お料理を楽しめます。ブッフェスタイルのお食事は、メニューも充実。フィリピン伝統料理から寿司など和食もあって、3食ともに飽きることはありません。レストランには個室もあるので、プライベートディナーも可能です。ビーチバーは夜遅くまで営業しています。

また、ルームサービスや、ダイビングなどのマリンアクティビティ向けにピクニックメニューも用意されています。

レストランの奥にはブティック(スーベニアショップ)があるほか、クリニック(ドクター常駐)やライブラリー、屋内型のキッズセンターもあります。戸外には、ビリヤードやビーチバレーなどの設備もあります。館内はWi-Fiも完備しています。

ダイビングやシュノーケル、シーカヤックなど
マリンアクティビティが充実

シーカヤック

シーカヤックなどさまざまなアクティビティが用意されている

嬉しいのは、リゾートの桟橋から、さまざまなマリンアクティビティへと直行できるつくり。PADIダイビングセンター・マリンスポットセンターのチェックインカウンターが設けられているので、乗船前に、サイズに合った適切な道具を選ぶことができ、初心者でも安心です。

エルニド・リゾート・ミニロック・アイランドでは、本格ダイビングをはじめシュノーケル、シーカヤック、アイランドホッピング、ラグーンツアー、ウインドサーフィンなど多彩なアクティビティメニューがあります。バンカーボートで沖合へ出て、船に乗り継いでポイントへと向かう仕組み。いずれもレンジャーがついているので、安心です。これらアクティビティは、一部を除いて無料で楽しむことができます。お子さん連れも多く、ライフジャケットも大小用意があるので安心できます。
レンジャー

レンジャーと30分ほどのトレイルを歩くトレッキングのコースもある


おすすめは、ピクニックランチ持参のシュノーケルやアイランドホッピング。シュノーケルのポイントまで、レンジャーが船で連れて行ってくれるのです。
また周辺には、系列ホテルが立地する島が点在しており、ランチの手配も心配ありません。山系なら、トレッキングやロッククライミングができる施設も他島にあり、日帰りで楽しめます。

周辺のほとんどが無人島ですが、レンジャーが洞窟や入り江を案内(英語)してくれます。ダイビング派でなくとも、自然を満喫できる仕組みです。きっと、お子さんも大喜びされることでしょう。

 

さざ波を聞きながらの贅沢スパ
ヒロットから指圧まで

スパ

ヒロットから指圧までスパメニューが豊富なのも嬉しい

スパメニューが充実しているのも、エルニド・リゾート・ミニロック・アイランドの特徴です。フィリピン伝統のバナナの皮を用いるヒロット・マッサージや指圧マッサージ、スウェーデン式マッサージのほか、ラベンダーやアプリコットを使ったフェイシャルやボディポリッシュなどが揃います。

施術台が水上コテージに設置されているので、さざ波を聞きながら贅沢にスパを楽しめます。まさにリラクゼーションの極みといえましょう。


<DATA>
■El Nido Resorts Miniloc Island エルニド・リゾート・ミニロック・アイランド
住所:Miniloc Island, El Nido, Palawan Island 5313, Philippines
‎電話:フィリピン63‐2‐902-5900 
チェックイン/アウト:14:00~17:30/12:00(正午)
ホームページ:http://www.elnidoresorts.com/
アクセス:マニラからエルニド空港までリゾート専用機ITIで飛行時間約55分、エルニド空港から専用バスで港に。船を乗り継ぎバンカーボートで、乗船時間計約40分。(スーツケースなど手荷物の重量オーバーに注意しましょう)。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。