旅行用品がトータル1000アイテムもの品揃えを誇る、新宿小田急ハルク

小田急ハルク

都内随一を誇る新宿小田急ハルクの旅行用品売り場

海外旅行に必要なモノ、といえばパスポートにスーツケース。旅の道具は、あれこれ迷う段階から楽しいですよね。

さまざまなブランド、さまざまなサイズのスーツケースを実際に見てみて、手にしてから選びたい! そう考える人にうれしい売り場が、新宿小田急ハルクの地下1階に広がっていることをご存知でしょうか? その規模たるや、都内最大級! ボストンバッグからスーツケースまで豊富な品ぞろえは「圧巻」の一言です。

旅行に使える小物や雑貨も充実しているのもうれしい限り。スーツケースのアイテム数は約300、小物類も入れるとトータルで1000アイテム。これだけの品が一堂に揃った売り場は「日本最大級」といっても大げさではありません。

 

旅行小物

旅行小物から「地球の歩き方」まで揃っています

さっそく、主な扱いブランドを見てみましょう。
  •  リモワ
  • サムソナイト
  • ゼロハリバートン(エース)
  • プロテカなど(エース)
  • ロンカート
  • ストラティック
  • ビクトリノックス
こうしたメジャーどころのブランドを扱っている売り場ならほかにもありますが、新宿小田急ハルクがすごいのは、リモワ、サムソナイトなどをショップ形式でしっかりと展開しているところ。百貨店で扱うスーツケースの市場は、その95%がリモア、サムソナイト、プロテカ、ゼロハリバートンで占められていますが、これらの主要ブランドにいまどんなアイテムが揃っていて、どんな世界観を表現しているのか(ちょっと大げさですが)が一目でわかるようになっているのです。

 

リモワショップ

豊富なラインナップが揃うリモワのショップ

とりわけ圧巻なのが、リモワの一画でしょう。ショップ形式で構成された売り場に並ぶスーツケースは全60点。私は、日本でリモワの代理店をつとめる林五のショールームにうかがったことがありますが、新宿小田急ハルクのリモワショップはそのショールームとくらべても遜色がありません。

世界ではじめてポリカーボネートを使用した軽くて丈夫なスーツケースを開発したリモワ。数あるシリーズの中でも一番人気のサルサを始め、タンゴやボレロなども揃っています。

 

リモワ

指名買いが多いリモワ。ファッション性の高さで人気だとか

「ファッション性が高いリモワは、指名買いが多いのが特徴です。一番売れているのは、軽いサルサエアーシリーズ。限定品も扱っているので売り上げも好調で、前年の300%増近い数字をあげています」と話すのは、スポーツ担当バイヤーの加藤了さん。リモワが好き、リモワに関心があるという人には、絶対見逃せない売り場ですよ。

>> スーツケースの実地検分ができる…!?