オーストリアのたまご酒、アイヤーリキュール

アイヤーリキュールundefined屋台の瓶詰

クリスマスマーケットの屋台でも必ず見かける、大人気のアイヤーリキュール

Eierlikör(アイヤーリキュール)とはオーストリアで伝統的に飲まれているクリーム系リキュールで、主に卵黄、ラム酒、バニラシュガーなどから作られます。アイヤー(ドイツ語で「卵」の複数形)と名のつく通り、卵が主成分であるため見た目もやさしいたまご色。ひとくち飲んでみると、コクのある甘さとラム酒の風味が印象的なお酒です。

このアイヤーリキュールは冷蔵庫で冷やしてそのまま飲むのが基本ですが、カクテルベースにしたり、お料理やスイーツの味付けに使用されるほか、ウィンナーコーヒーのアクセントにも用いられるなど、お国柄の出た用途も存在します。またこれを飲むと体が芯から温まるため、クリスマスマーケットのドリンクメニューにも登場しますし、家庭では日本のたまご酒のように風邪の初期に飲まれたりと、冬場にはまさに八面六臂の大活躍ぶり!

クリスマスマーケットの人気ドリンク!アイヤープンシュ

アイヤープンシュ

シェーンブルン宮殿のクリスマスマーケットでいただけるアイヤープンシュ。アーモンドスライスと生クリームのトッピングが絶妙にマッチ!

オーストリアには数多くの冬の風物詩がありますが、クリスマスマーケットは間違いなくその一つでしょう。クリスマスマーケットで飲めるお酒には、主にグリューヴァイン(ホットワイン)とプンシュがありますが、このプンシュは昨今、工夫を凝らした様々なフレーバーがオファーされており、その中にはアイヤーリキュールを使用したEierpunsch(アイヤープンシュ)というドリンクもあります。

ちなみにプンシュとは紅茶、もしくは水をベースに、アラック(蒸留酒の一種)、レモン、砂糖、スパイスなどを混ぜたリキュールのこと。このプンシュにアイヤーリキュールをミックスして作られたものがアイヤープンシュとなります。甘くて口当たりが良いのでついつい過ごしてしまいがちですが、マグカップ自体がかなり大きく、アルコール濃度も意外と高いので飲みすぎにはご注意を!

オーストリア土産にもぴったりのアイヤーリキュール

スーパーのアイヤーリキュール

スーパーマーケットでは、ベイリーズのようなクリーム系リキュールとともに陳列されているアイヤーリキュール。たまご色なのでわかりやすい

オーストリア土産には名産のワインが定番中の定番ですが、アイヤーリキュールは珍しいもの好きやグルメ通、お洒落な女性などにも喜ばれること間違いなしの一品です。先述のクリスマスマーケットでは、こだわりのハンドメイドや、お洒落なパッケージのものなど、クオリティの高さと特別感を前面に押し出したプレゼント用のアイヤーリキュールが販売されています。一方街中のスーパーマーケットでは、日用品として手ごろな価格帯のものが入手できるので、自分の目的に合わせて購入場所を選ぶと良いでしょう。

家庭でも美味しくいただけるアイヤーリキュールのレシピは次のページへ!>>>