日本初、北欧以外の世界初のブランド、ショップが多数

北欧

「TRAVELLERS in 北欧クリスマスストリート」は名古屋発の日本最大級の北欧イベント

日本最大級の北欧イベント、「TRAVELLERS in  北欧クリスマスストリート」が名古屋で開催。11月29日~12月28日の30日間、繁華街・栄の中心にある矢場公園が北欧に変身します。

カラフルかつシンプルで飽きの来ないグッドデザイン、ムーミンやサンタクロース、アンデルセンなど世界中で愛される童話やファンタジー、オーロラなど神秘的で雄大な自然など、包容力のある魅力にあふれた北欧は、かねてより根強いファンが多いエリア。近年はIKEAの進出で北欧デザインにふれる機会が広がり、2013年にはフィンランド直行便の就航、さらに2014年はムーミンの作者、トーベ・ヤンソンの生誕100周年、ノルウェーを舞台にした『アナと雪の女王』の大ヒットなど話題も多く、さらに人気が高まっています。
北欧

会場は繁華街・栄の中心部で、再入場可能なので周辺でのショッピングなどと合わせても楽しめる


フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの4カ国からやってきたのは、インテリア雑貨など物販のショップ、レストランやカフェなどの飲食店、合わせて20件以上。その大半が日本初登場。北欧の有名ブランド、人気のショップがこれほど一堂に会するのは世界初という画期的な企画です。

ムーミンファミリーや『かもめ食堂』、人気のキャラや店も登場

ショップではアーティストやデザイナーも来日し、創作の様子を目の前で見られるチャンスも。飲食店は、映画『かもめ食堂』に登場するフィンランドの人気カフェをはじめ、各国の伝統的な料理やスイーツなどが揃っています。
北欧

ノルウェーの「トロールブティック」。ウールブランケットやステーショナリー、ヴィンテージ食器などを取り揃える


北欧

ユーモラスな動物のシリーズが人気の陶芸家、リサ・ラーソンのオンリーショップ。cat、1万4500円(+税)など

北欧

スウェーデンの定番土産、幸せを運ぶダーナラホース。小3700円など。絵付けの実演も見られる


フィンランドのムーミンワールドからはムーミンファミリーが来日。ムーミン、パパ、ママ、ミイ、スナフキンがそろって来日するのは日本初。スペシャルショーや記念撮影で楽しませてくれます。
北欧

ムーミンのショーは1日4回。TRAVELLERSオリジナルダンスショーと撮影会が行われる(撮影は1ショット500円で枚数限定)。(c) Moomin Characters TM Theme Park created by Dennis Livson



北欧の旅の予習・復習にも最適

北欧の旅のテーマパークを期間限定で作り上げた、いってみれば屋台村的なイベントなのですが、各ショップが白い三角屋根のテントでおしゃれ。足元には木材のチップが敷き詰められ、世界的照明作家がプロデュースしたシンボルツリーが配されるなど、空間全体に統一感があり、北欧の街角らしい空気を演出しています。飲食メニューはやや割高感がありますが、名古屋の人気レストランのシェフが全メニューを監修し、味のクオリティは文句なしでした。
北欧

ノルウェーの伝統料理が食べられる「バーツフーセ バーラムス バルク」。そば粉のクレープのイクラのせブリニス1200円と、森のキノコのスープ(絶品!)800円


イベントのスペースは端から端まで100mもない程度。気になるショップをくり返しのぞいても歩き疲れることはないので、じっくり商品選びを楽しめそうです。ただし、休日はかなり混み合うので、あらかじめ各ブランドの情報を集めておき、目当ての商品を頭に入れてショップめぐりをした方がいいでしょう。
北欧

フィンランドのCOSTO(コスト)も日本初上陸。服飾、家具などを扱う注目株のブランド。ボンボンをオプションで交換できる帽子は1万円前後~


入場料は1000円(平日昼1日券500円{11時~16時}、未就学児無料)。北欧にあまり詳しくない筆者は、価格的な敷居が高いのでは、と思いましたが、主催者によると「ほとんどのショップ、ブランドが日本初、さらには北欧以外で出店するのは初といういわば“世界初”。北欧へ行かなければ買えなかったもの、食べられなかったものばかりですから、北欧に興味がある人ほど満足していただけると自信を持っています」とのこと。

北欧

休日にはオープン前から行列が。開場早々人気のショップには人だかりができるのでお目当てのショップがある人は、並んでいち早く駆け込んだ方が確実に目的の商品がゲットできそう

確かに北欧を旅行しようと思うと最安で15万円位~はかかりますから、旅の予習・復習と考えれば1000円もしくは500円の入場料は十分アリ、といえるでしょう。

特に平日昼1日券(500円)は、16時までに入場すれば最終の21時30分まで会場にいられるので、日にちと時間の融通がきく人はこちらの利用が断然お薦めです。

名古屋の人にとってはIKEAで買い物するために大阪まで行くことを思えばはるかに割安ですし、セレクトショップをあちこち回るよりもまとめて様々なジャンルのグッズを見られるのはこれまた効率的です。

もちろん、名古屋以外の北欧ファンの人たちにとっても、憧れの地のブランドをこれだけまとめて見られるのは初めてのチャンス。“名古屋にやってきた北欧”を旅の目的地にしてみてください。

※12月4日はサンタクロースが来園、12月5日まで16時以降入場者にワンドリンクチケットをサービスのキャンペーン実施など日時、期間限定のイベントやサービスも数々あり。「TRAVELLERS」の公式フェイスブックページをチェックするとお得な情報をキャッチできます。


TRAVELLERS in 北欧クリスマスストリート
・ 会場:矢場公園 名古屋市中区栄3
・ アクセス:地下鉄栄駅より徒歩7分、地下鉄矢場町駅より徒歩5分
・ 期間:2014年11月29日~12月28日
・ 時間:11時~21時30分(最終入場20時30分)
・ 入場料:1日券1000円、平日昼1日券500円(16時まで)、ローソンチケット・チケットぴあでペア1日券1800円、フリーパス7000円あり
Yahoo地図情報



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。