「差し歯」治療って?

耳にすることの多い、「差し歯」という歯科治療。実は「差し歯」は正式名称ではなく、しかも今はほとんど採用されない治療方法です。差し歯の正式名称は”歯冠継続歯”(しかんけいぞくし)。歯の根っこに差し込むようにして人工の歯をセットする治療法だったため、「差し歯」という名前が広く知られるようになったと言われています。

「差し歯」の治療法

差し歯の治療法は、歯の神経を取り除いたところに、人工の歯に支柱のような芯を立てて差し込むようにセットします。人工の歯と支柱はセットになっており、特殊な接着剤を使用して歯のあるべき部分にセットします。一般的に前歯の治療に採用される治療方法で、保険適用の治療としても広く採用されていました。

多くの方に広まった差し歯ですが、デメリットもあります。人工の歯と支柱が一体となったものをセットするために繊細な施術がしにくく、取れてしまうケースも多くありました。またセットしたあとにすき間が出来て虫歯になったり、人工の歯などに使用された素材の経年劣化による変色・変形などにお悩みのケースも多く見受けられます。それでは、現在はどのような治療法で前歯をキレイにするのでしょうか?

「差し歯」治療はもう古い!今の主流はクラウンによる「かぶせ物」治療

クラウン治療の土台となる、グラスファイバー製のコア

クラウン治療の土台となる、グラスファイバー製のコア

差し歯に替わって現在広く採用されている治療法は、クラウンと呼ばれる人工の歯をかぶせるようにセットする、いわゆる「かぶせ物」治療です。クラウンによる治療法は、神経を取り除いた部分にまず「土台」を立て、その上にクラウンをかぶせる、二段構造によるものです。(土台を立てる前には神経の跡をキレイに消毒・ケアします。)セットするパーツが増えたことで、より精密で繊細な治療を行うことが出来るようになりました。またセットした際の安定度が抜群に良くなり、取れてしまうケースも少なくなりました。

現在主流のクラウンによる治療の場合、「土台」の素材と「クラウン(かぶせ物)」の素材を選択出来ます。希望する仕上がりや治療後の美しさの保ち、金額などを知って選択されることをオススメします。

一般的に、金属やプラスチックを含んでいる素材は治療後数年経つと、少しずつ変色や黒ずみを起こしてしまいます。これは土台やクラウンに含まれている金属の成分が流出してしまったり、プラスチックが水を含んで変色してしまうことなどが原因です。また特に金属を含むタイプの場合、仕上がりの透明感に差が出てきます。金属は光を通さないので、歯本来の白い透明感を表現したい場合には、金属を含んでいるタイプはオススメ出来ません。

それでは、どんなクリニックでどんな治療を行うのが良いのでしょうか?
次のページでは、差し歯を再治療する際のクリニック選びをご紹介します