オペラ上演時間とディナータイムは重なっている!

サンドイッチ

ウィーンのカフェでの代表的な軽食のひとつ、サンドイッチ

音楽の都ウィーンに来る観光客には、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)でのオペラやバレエなどの芸術鑑賞が目当ての方も多いことと思います。しかしこれらの演目は、上演時間がおしなべて19:00-22:00あたりと、夕餉時と重なってしまうことがほとんど。それではお腹が空いてしまう!という方のために、音楽鑑賞前後に軽食やお酒などが楽しめる、オペラ座界隈のおすすめスポットを案内します。

クラシック音楽の雰囲気を楽しむならここ!
Café Oper(カフェ・オーパー)

Cafe-Oper

オペラ座の建物内にあるカフェ・オーパーは雰囲気もたっぷり!(©Oper Wien Kaffeehausbetriebs GmbH)

Oper(オーパー)とはドイツ語でオペラのこと。このカフェ・オーパーはその名の通りオペラ座の建物内にあり、アクセスの便利さにおいて右に出るものはありません。ウィーン滞在中は、観光にお食事に芸術鑑賞にと、何かと時間に追われがちでしょうが、ここであればオペラ上演前でも時間を気にせずに、一息つけること請け合いです。

このカフェはウィンナーコーヒーのバリエーションや、オーストリア産ワインを中心としたアルコール類が充実しているうえ、軽食メニューにはロッシーニやワルキューレといった音楽家や楽劇の名が冠されたものがずらり!また店内に設置されたスクリーンでは、オペラ座で上演された数々の観劇のビデオ等が随時上演されているため、飽きることもありません。開幕前から気分が盛り上がること間違いなし、まさにクラシックファンにもうれしいカフェといえるでしょう。

<DATA>
Café Oper Wien(カフェ・オーパー・ウィーン)
住所: Opernring 2, A-1010, Wien
Tel: +43-(0)1-513-3957
営業時間: 月~土 8:00~24:00、日 9:30~24:00

まるで皇帝のサロンに迷い込んだ気分になる 
Café Sacher(カフェ・ザッハー)

カフェ・ザッハー

ウィーンの古き良き時代を感じさせる、レトロでエレガントな内装

世界一美味とされるチョコレートケーキこと、ザッハトルテを供することで有名なカフェ・ザッハー。三つある店舗はいずれもホテルザッハー建物内の地階に設けられており、オペラ座の隣かつ繁華なケルントナー通り沿いという、これまた便利なロケーションです。バーコーナーでは、エリザベス・テイラーなど著名人の直筆サイン入り写真が所狭しと飾られているかと思えば、隣にはまるで皇帝の治世にタイムスリップしたしたかのような気分にさせてくれる優雅な小部屋があったりと、多岐にわたる魅力でゲストを虜にしてくれます。オープニング時間は真夜中までと、朝方人間の多いウィーンにおいて珍しく寛容であるのも嬉しいところ。オペラ鑑賞前はもちろんのこと、閉幕後に小腹が空いた際の軽食に、スイーツに、お酒にと、真っ先におすすめしたいカフェ・レストランのひとつです。

<DATA>
Café Sacher Wien(カフェ・ザッハー・ウィーン)
住所: Philharmonikerstrasse 4, A-1010, Wien
Tel: +43-(0)1-51-456661
営業時間: 毎日8:00~24:00

ウィンナーコーヒーと自家製ケーキの種類では群を抜く
Café Mozart(カフェ・モーツァルト)

ラントマンの自家製トルテ

ラントマン系列ならではの華やかな自家製ケーキには、思わず目を奪われる

オーストリアガイドの記事内でも何度か紹介したカフェ・ラントマン系列のひとつ、カフェ・モーツァルト。ロケーションはオペラ座の裏側で、ホテル・ザッハーの隣に位置しています。ザッハトルテは何といってもカフェ・ザッハーのオリジナル商品が秀逸であるものの、その他種々あるオーストリアの名物トルテ(ケーキ)を食べるなら、ここカフェ・モーツァルトの自家製トルテが断然おすすめ!その他、こんなにバリエーションがあったのかと舌を巻くほど多くのウィンナーコーヒーが用意されているので、軽食の後にはそちらも味わっておきたいところです。

<DATA>
Café Mozart(カフェ・モーツァルト)
住所: Albertinaplatz 2, A-1010, Wien
Tel: +43-(0)1-24-100-200
営業時間: 毎日8:00~24:00

(参照記事:「ウィーンのカフェ お食事、スイーツ、食後のコーヒー」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。