スマホを持ったら入れておきたい定番アプリのひとつが、家計簿系アプリです。たくさんあり過ぎてどれがいいのか迷ってしまうところですが、今最も使える家計簿系アプリを厳選してご紹介いたします。

とにかくシンプルだから続けられる『おカネレコ』

おカネレコ

簡単入力だから無理なく続けられる


最初は張り切って記録するけど、結局は面倒になってやめてしまう……。そんな続けられない方にオススメしたいのが『おカネレコ』です。

科目を選択して金額を入力するだけで完了。レシートを受け取った後、ササッとものの数秒で記録できるのシンプルさが特長です。一ヶ月の収支内訳を把握するのに、この9つの科目で家計の管理は十分できます。



オンラインでの資産管理は『Moneytree』におまかせ

moneytree

オンラインでの資産管理がアプリひとつで可能


銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイントカードなど、オンラインでの管理が可能になっている資産に関しては『Moneytree』で一括管理が可能です。最初に持っている口座などのアカウントを登録しておけば、このアプリが情報を集めて統計を出してくれるため、それぞれのサイトやアプリを見に行く必要がなくなります。口座情報を登録することに躊躇してしまいますが、安全性に関しては信頼性を高める3つのポイント(外部サイト)を参考にしてみてください。

意外にもお役立ちの機能が、ポイントカードの管理です。自分のポイントがどれだけ貯まっているかは、サイトやアプリを開かなくては確認ができません。『Moneytree』は主要なポイントカードに対応していますので、自分のポイントも一目で確認することができます。



撮影したレシートの読み取り精度はダントツの複合型アプリ

Dr.wallet1

トップ画面がグラフとカレンダーで支出ペースがわかりやすい


家計簿としての収支内訳と、オンライン口座の管理が併せてできる複合型のアプリが『Dr.Wallet』です。家計を預かる主婦の方には特にオススメしたいアプリです。クラウド機能でパソコンや他デバイスでも管理ができます。

レシート読み取り

オペレーターによる手入力なのでレシート撮影機能はダントツの読み取り精度


レシートを撮影して記録するアプリはいくつかありますが、精度の高さはダントツです。理由はオペレーターによる手入力であること。撮影したレシートは一ヶ月間で100枚までは無料でデータ化してくれます。一般家庭であれば十分の枚数です。夜のうちにレシートを撮影して送信しておけば、翌朝にはデータ化されています。(時間帯にもよりますが、数分~数時間でデータ化完了)

こちらも銀行・クレジットカード・電子マネーなど口座連携が可能なので、複数口座の残高や収支がまとめて確認できます。


最後に

口座連携は大変便利な機能ですが、利用しているiPhoneのセキュリティ対策にも気をつけてください。パスコードとFind My iPhoneの設定は必ずしておくことをオススメします。


■関連記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。