家庭の中には紙がいっぱい!

バラバラの紙

サイズも保存期間もまちまちな紙があふれる…

自治体のお知らせや学校のお便り、レシートやハガキ、各種保証書…。家の中にはいつも、さまざまな種類の紙がいっぱい。紙は、散らかりの最大の原因の一つです。

分類・整理(ファイリング)していけば、紙を片づけることはそれほど難しいことではありません。しかし、困るのは、その後なのです。ファイリングしたが最後、私たちは大量のファイルに振り回されることになってしまうのです――。

ファイル

律儀にファイリングすると、膨大な量に…

すごいスピードで増殖する!

用心しないと、ファイルはあっという間に膨大な量に達してしまいます。それほど、家庭において管理しなくてはならない紙の量は多いのです。あまりにファイルが増えてしまえば、収納は限界に達し、個々の紙を探すのも大変になってしまうでしょう。


ファイリングしにくいものがある!

とっておきたい紙の中には、形のイレギュラーなもの、小さなものもあるかもしれません。同じサイズのファイルで保管することもできますが、紙というものは、一つひとつ別々にしておかないと、検索しづらいので、探しやすさを優先すると、どうしてもかさばってしまいます。

写メ

写メすれば、紙は捨てられ、データは持ち歩ける

期限切れのファイルが発生してしまう!

すべての紙が、ファイリングしてそれで終わりではありません。名簿や年度版の資料のように、期限が過ぎたら処分するべきものもたくさんあります。とはいえ忙しさに紛れて放置し、いつの間にかファイルが増えていくだけ、という場合も少なくありません。