クリスマスの風物詩 モルドワイン

mulled1

クリスマスが近づくと、ロンドン最古にして最大のオーガニックマーケット、バラ・マーケットでもモルドワインやモルドアップルが販売されます。


イギリスではクリスマスを中心に、ウィンターシーズンの身体を温める飲み物として親しまれているモルドワイン。屋外で身体を温めてくれる作用のあるスパイスとアルコール入りの温かいドリンクです。
赤ワインにオレンジなどの柑橘類、ミックススパイス、レーズン、蜂蜜や砂糖などを入れ、温めて頂きます。

クリスマスマーケットやアイススケートリンクには必ずといっていいほど、モルドワインを売る屋台があり、温められた赤ワインとオレンジ、シナモンやクローブなどのスパイスの香りが、クリスマスの訪れを人々に告げています。

現在は赤ワインで作るのが一般的ですが、ヴィクトリア時代にはイギリスではどこでも手に入るサイダー(シードル)で作るレシピもあったようです。現在でも、お酒が苦手な方やお子さんのために、屋台ではアップルジュースで作るモルドアップルも販売されています。オーガニックが盛んなイギリスでは、オーガニックのアップルジュースで作るモルドアップルも人気です。

mulled2

オーガニックのアップルジュースを使ったムルドアップルはアルコールが苦手な方やお子さんにも。


モルドワイン(mulled wine)のmullはお酒に砂糖、香料などを入れて温める意味があります。そのためのスパイスがあらかじめセットになったものが、ムリングスパイス(mulling spice)として販売されていて、後は赤ワインやアップルジュースに入れて温めるだけのティーバッグもあります。

ここで使われるスパイスはクリスマスにはつきものの、聖書に登場する東方からの三博士が贈ったキリストのお祝いの品、乳香、没薬、金の象徴であるシナモン、クローブ、ナツメグのスパイスが必ずといっていいほど入っています。イギリスではクリスマスケーキやクリスマスプディングにも、中に焼き込むミンスミートと呼ばれるドライフルーツのラム酒漬けにこれらのスパイスがふんだんに使われるなど、クリスマスとは縁の深いスパイスなのです。

muled3

ムルドワインの甘いスパイスの香りがたちこめる、クリスマスのムードが漂うバラ・マーケット。



 クリスマスやパーティーにどうぞ。ムルドワインの簡単レシピ

mulledwine2

赤ワインにシナモンなどのスパイス、オレンジを加えたムルドワイン。クリスマスパーティーにおすすめです。


■材料(6カップ分)
赤ワイン 750ml 1本
砂糖(できればブラウンシュガー)150g
オレンジ 2個 ( 1cm厚さに輪切り)
シナモンスティック 2本
クローブ(パウダー) 小さじ1
ナツメグ(パウダー) 小さじ1

■作り方
1.オレンジは約1cmの厚さに輪切りにする。半量の赤ワインと材料のすべてを鍋にいれ、火にかける。
2.沸騰直前になったら、火を弱める。残りの赤ワインを加え、全体が温まるまで、弱火で加熱する。

最初に半量のワインを火にかけて、香りをワインに移してから、残りのワインを温めることで、アルコールが完全に飛んでしまわないようにしています。
お酒の弱い方は半量をオレンジジュースに代えたり、赤ワインを林檎ジュースに代えて、モルドアップルにすることも可能です。
スパイスはお好みでアニス、カルダモンなどを加えても。赤ワインはスペイン産など、手に入りやすい、リーズナブルなものがおススメです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。