キリンビールと提携を発表したヤッホーブルーイング

2014年9月、キリンビールがクラフトビールを造っている会社との業務提携を発表しました。その提携先が長野県のヤッホーブルーイングです。ヤッホーブルーイングのビールは、全国のローソン他、コンビニエンスストアでも販売されているのでご存知の方も多いかもしれません。今回はそんなヤッホーブルーイングの定番ビールをご紹介したいと思います。まだ、飲んだことが無い方はこれを機会に飲んでみてはいかがでしょうか?
ヤッホーブルーイングの定番4種

ヤッホーブルーイングの定番4種


タモリさんもハマった「よなよなエール」

よなよなエール(参考価格 350ml 268円)

よなよなエール(参考価格 350ml 268円)

最高級アロマホップから生まれるフルーティーな香りがなによりの特徴です。ホップ由来の柑橘系の香りと少し強めの苦みは、普段のビールよりも温度を少し高めにして飲むことで、より味わい深くなります。乾杯のビールとしても、食事に合わせるビールとしてもいい、ヤッホーブルーイングのフラグシップビールと云えます。ちなみにビール好きでも知られるタモリさんは、番組の打ち上げ等ではよなよなエールをリクエストするほどのファンだそうです。

香ばしい料理と合わせたい「東京ブラック」

東京ブラック(参考価格 350ml 268円)

東京ブラック(参考価格 350ml 268円)

ポーターというスタイルで、麦芽の甘みとホップの苦みのバランスがほどよいのが東京ブラックです。ゴクゴク飲むというよりは、サラミや生ハム、ドライナッツを食べながら、じっくりゆっくりと飲みたいビールです。飲みごたえもあるので、おつまみ無しで、ビールだけでも楽しめますよ。このビールも冷やし過ぎずに飲む方がオススメです。

鬼の苦さがクセになる「インドの青鬼」

インドの青鬼(参考価格 350ml 268円)

インドの青鬼(参考価格 350ml 268円)

クラフトビール好きにファンの多いインディア・ペールエールというスタイルのビールです。大手メーカーのビールしか飲んだことが無い人はその苦みに驚くのではないかと思います。まずはガッツリとした苦みを楽しみつつ、その後、温度による味や香りの変化や食べ合わせ等も考えながら飲んでほしいビールです。

ジャケ買いランキングNo.1「水曜日のネコ」

水曜日のネコ(参考価格 350ml 268円)

水曜日のネコ(参考価格 350ml 268円)

今までのビールとは大きく違う、ベルジャンホワイトエールというスタイルのビールです。青リンゴを思わせる香りとオレンジの皮の爽やかな香りが特徴で、苦味はあまり感じられないと思います。食前酒やリラックスするタイミングの一杯としてオススメです。パッケージデザインやそのネーミングから女性に人気を集めているようです。

ユニークなビールを楽しく飲もう

「水曜日のネコ」もそうですが、ヤッホーブルーイングのビールにはユニークな名前のものが多いです。(もちろん、名前だけではなく味やパッケージもユニークなのですが……) 名前で選んで飲んでみる、というのもひとつの楽しみ方ですので、気になるものがあったらぜひ飲んでみてください。また、オンラインショップでは、定番ビール4種がセットになったお試しセットも販売されていますので、近所で買えない方はそちらを利用してみると楽でオトクに楽しめますよ。

■関連リンク
よなよなの里 エールビール醸造所 公式通販
よなよなエール 350ml 4種4缶 クラフトビールお試しセット(1,000円)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。