レクサス渾身のターボエンジン

レクサスNX

筒内直噴とポート噴射のデュアルインジェクターを採用し、水冷式エキゾーストマニホールド一体シリンダーヘッド+ツインスクロールターボチャージャーを搭載。燃費とパワーのバランスが光るターボエンジンだ

今回試乗したのは注目のターボモデルで、一般道から高速道路、山岳路まで幅広いステージで乗ることができた。

筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを搭載した2.0L直噴ツインスクロールターボは、技術的にはもちろん、「お金の掛かっている」エンジンで、238ps/4800-5600rpm、最大トルクは350Nm/1650-4000rpm、2WD車の燃費は12.8km/Lになる。

車両重量は「Fスポーツ」で1.8tに達するため、体感的には過給が始まっても驚くほどパワフルではない。もちろん、遅いわけではなく、フル乗車でロングドライブに出かけてもパワー不足を実感することはあまりないはずだ。

急な登り坂でもドライブモードセレクトスイッチを「SPORT」にすれば、アクセルレスポンスが鋭くなり、「NORMAL」でも日本の速度域ならたいていのシーンで過不足のない走りを披露してくれるだろう。さらに、試乗車にはパドルシフトが装備されていたからワインディングや高速道路でも重宝した。

「ECO」モードでも街中や郊外路で流れに乗る程度なら十分だが、合流時やアップダウンのある高速道路での登坂路では少し物足りなさを感じさせる。

パワフル系ターボではないものの、ドライブモードセレクトスイッチで自在に加速フィールを選べるからエコも走りも楽しみたい欲張り派にもある程度応えてくれるエンジンといえる。
レクサスNX

力強さを感じさせるセンターコンソールはSUVらしいが、複雑な線と面からなるコクピット風で、ステアリングはLFAを彷彿とさせるデザイン

パワートレーンでいえば、トランスミッションは6ATに「とどまる」が、こちらもシフトフィール的には過不足ないというところ。ただし、イヴォークがZF製の9AT、ボルボがXC60などにアイシン製の8ATを搭載していることを考えると、レクサスNXのアイシン製6ATというのはプレミアムSUVとしては少々寂しいところ。

6速から8速に多段化することでどれくらい燃費が上がるのか、エンジンへのこだわりと比べると差は感じるところだが、重量増やコスト面でどう見合うのか、気になる点ではある。

次ページは、レクサスNXの乗り味について