激戦区に参入するレクサスNX

レクサスNX

レクサスNXのサイズは全長4630×全幅1845×全高1645mm。価格はハイブリッドのNX300hが492万~582万円、NX200tが428万~518万円

同ブランドにとっては、レクサスRX以来のSUVとなるNX。全長4630×全幅1845×全高1645mmは兄貴分のRXよりも140mm短く、40mm狭く、45mm低く、RXよりは狭い日本でも取り回ししやすいが、それでも全幅1845mmは決してコンパクトとはいえない。
レクサスNX

大きく張り出したリヤフェンダーがSUVらしさを演出。ターボ仕様にはレクサス初の異形デュアルマフラーカッターを装備

それでもサイズ的には全長4665×全幅1880×全高1675mmのBMW X3、全長4680×全幅1880×全高1625mmのBMW X4よりも少し小さく、全長4355×全幅1900×全高1635mmのレンジローバー・イヴォーク、アウディQ5(全長4630×全幅1900×全高1660)よりは全幅も抑えられており、アウディQ3(全長4385×全幅1830×全高1615mm)ほどではないが、狭い道でのすれ違いもライバルよりは少ししやすい。

SUVの中でもニューモデルが続々と登場する激戦区に投入されたレクサスNXは、ハイブリッドのNX300hとレクサス初のダウンサイジングターボとなるNX200tを設定している。

次ページは、ターボ仕様のパワーフィールについて