新しく生まれ変わった4つのキャラクタールーム

東京ディズニーランドホテル

東京ディズニーランドにもっとも近いので、子連れでも移動がラク! 東京ディズニーランドホテル (C)Disney

ケージエレベーター

開放感のある吹き抜けのロビーにあるケージエレベーターも印象的 (C)Disney

東京ディズニーランドに最も近いホテル、「東京ディズニーランドホテル」。随所にディズニー映画のモチーフがあしらわれたファンタジー溢れるホテルです。パークで遊んだあとも醒めることのない夢の時間を過ごせるというのは、子どもも大人もたまりません。

全706室の客室の中でも新オープンのキャラクタールームは家族連れにぴったり。キャラクタールームは以前もありましたが、先ごろすべて新しく生まれ変わりました。どの部屋も物語の主人公になった気分で過ごせるのが特徴で、以前とは雰囲気もガラリと変わっています。過去に泊まったことがある人もぜひチェックしてみてください。

キャラクタールームのタイプは4つ。2015年2月にお目見えした「ディズニーティンカーベルルーム」「ディズニーふしぎの国のアリスルーム」「ディズニー美女と野獣ルーム」。そして3月18日にはディズニー映画『シンデレラ』を テーマにした「ディズニーシンデレラルーム」が加わり、全4タイプになりました。 全706室の約4分の1にあたる182室がキャラクタールームになっています。

 

アリス・ガーデン

ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』をテーマにした庭園「アリス・ガーデン」 (C)Disney

ちなみに同ホテルの価格は1室あたりの設定なので、人数が多いほどお得。小学生以下の添い寝は無料(2名まで)で、大人は最大4名(※部屋によっては3名まで)泊まれるので、3世代の利用も多いそう。立地や雰囲気を考えると、一人当たりの料金は意外にリーズナブルな印象です。

実際にそれぞれの部キャラクタールームを見てきたので、その様子をレポートします!

>>次ページでは、ディズニーシンデレラルーム!