鎌倉の落ち着いた住宅地に建つこの家は、都心に暮らす家族3人のための週末住居です。

室内は緩やかな段差によって部屋が螺旋状に繋がり、吹抜けの大きな空間もあるという、小さいながらもおおらかな空間になっています。

積み木のような白い家

写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 東側の外観。低く小さい窓と積み木のような急勾配の切妻の屋根が特徴的。
外観
2. 北東の外観。駐車場の奥の階段を上がって曲がると玄関になる。
玄関
3. 北西側のモルタルの玄関前ポーチ。緩やかな勾配の深い軒が雨除けになっている。
玄関
4. オリジナルデザインの鎖樋。白く塗装した直径5cmのガリバリウム鋼板製の本体をステンレスの金具で吊っている。


鎌倉駅から徒歩15分の小高い丘の上の落ち着いた住宅地の一画に、積み木のような形をした白い家が現れます。

近隣と適度な距離を保つように、約70坪の敷地のほぼ中央に16坪の家が建てられました。この余裕のある佇まいが週末住居らしさを醸し出しています。

◆建築データと建築家プロフィール