歯科インプラント治療の有効性もリスクも十分理解した。治療後に気を付けなければならないことも分かった。でも、外科手術が嫌なのと治療期間がかなりかかるからちょっと……と躊躇している人も多いと思います。

「抜歯と同時にインプラントを入れる事ができると聞いたけれど本当なのか?」そんな質問を受ける機会が多いので詳しくお話ししていきたいと思います。

抜歯しなければならない理由

歯の神経を取ると歯は乾燥します。しかし咬合は、強く複雑に咬みあいますので、乾燥した歯根に亀裂が入りそこから細菌感染を起こしてしまうことがあります。そしてその位置や大きさによっては抜歯が必要になります。根尖に大きな膿ができ、周囲の歯槽骨を溶かし再神経治療が見込めない場合も抜歯しなければならないことがあります。歯を支える歯槽骨が痩せてくる重度の歯周病でも抜歯を選択しなければなりません。その他、外傷などで歯が折れたり、抜け落ちてしまうケースなど、永久歯を抜歯しなければならないケースは多種多様なのです。

抜歯即時インプラント埋入とそのメリット

上記の何らかの理由で抜歯しなければならなくなった部位に歯科インプラントを埋入する際、抜歯と同時に歯科インプラント埋入を行うことを“抜歯即時インプラント埋入”と言います。
右前歯インプラント

抜歯即時インプラント埋入した右前歯


利点は、大きく2つ。
  • 抜歯と歯科インプラント埋入を1回で行うので外科処置の回数が1度少なくなり痛みや腫れのストレスが軽減されること
  • 通常2~3か月必要な、抜歯から埋入手術するまでの経過期間が短縮されるので、トータルの治療期間が大幅に短縮されること。

これらが代表的な抜歯即時インプラント埋入のメリットになります。また、前歯のように高い審美性を追求される場合で周囲の軟組織(歯肉)の形を崩さないようにしたいケースにも意図的に抜歯即時インプラント埋入を行うこともあります。

抜歯即時インプラント埋入を成功させるポイント

調和のとれたクラウン

周囲との調和も取れており、歯肉の状態も良い。

抜歯と同時に歯科インプラント埋入を行うということは、大半の場合抜歯することでできた穴と埋入するインプラント体との間にギャップ(隙間)が生じます。さらに、インプラント体を既存骨にしっかり固定しなければなりませんので難易度は上がりますし、ギャップには新しい骨が新生できるように骨補填を行わなければなりません。

また、骨補填を行った箇所の感染を防止したいので、本来は歯肉で被いたいところですが、抜歯して間もないために完全閉鎖するだけの十分な歯肉がありません。その為、軟組織(歯肉)の取り扱いがとても重要になってきます。

すなわち、歯科インプラント治療に限らず普段から天然歯での歯周外科手術などを行っている技術力と経験が兼ね備わった歯科医だからこそ抜歯即時インプラント埋入の成功率が上がるのです。

リスクを正しく理解して最適なインプラント治療を選択

抜歯してから時間が経過してからインプラント埋入するのと違い、前項で書いたような高い技術が必要不可欠になってきます。また、そもそもの抜歯原因(膿など)による感染でうまくいかない場合もあります。

以上の事から理解して頂いたかと思いますが、抜歯後早期に歯科インプラント治療を行うほどリスクも大きくなり術者の技術力や経験が重要になってきます。ストレス軽減や治療期間短縮を追い求めるがあまり、安全性を損なったり成功率を下げてしまってはいけませんので、慎重に検討して治療計画を担当医と相談なさってください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項