銀行・郵便局/ネットバンキングの活用方法

入金サービスでネット銀行が便利に

ネット銀行への入金が便利になりました。毎月決まった金額を手数料なしで入金できます。他行からの入金サービスを紹介します。

坂本 綾子

執筆者:坂本 綾子

預金・貯金ガイド

  • Comment Page Icon

ATMに足を運ぶ必要なし

おまかせ入金

もうATMに並ぶ必要はありません。

ネット銀行と言えば、金利の高い定期預金、為替手数料の安い外貨預金、低金利の住宅ローンなど、従来の銀行とは異なる商品やサービスが特徴です。

これらが人気を集めて口座数を増やしています。賢く使いこなしたいところですが、給与振り込みが別の銀行だと、ネット銀行の口座にお金を入金するというひと手間がかかります。入金には手数料無料のATMを使うのが一般的ですが、いくつかのネット銀行ではATMまで足を運ばなくても、入金できる仕組みが導入されて便利になりました。ご紹介しましょう。

  • ソニー銀行…おまかせ入金サービス
  • 住信SBIネット銀行…定期自動入金サービス
  • 大和ネクスト銀行…資金お取り寄せサービス
いずれも申し込みをしておけば、毎月一定額(1万円以上)を自分名義の他行口座から引き落として、ネット銀行の普通預金口座に入金する仕組みです。手数料は無料。

ネット銀行の商品・サービスが使いやすく

ネット銀行で住宅ローンを借りている、投資信託の積立をしているなど、毎月の入金が必要なお付き合いをしている人は助かりますね。また、毎月一定額を給与振込口座とは別口座で貯めていきたいというときにも利用できます。

いったんネット銀行の口座に入金すれば、あとはパソコンやスマートフォンの操作で、その銀行の商品・サービスを利用できます。上記の3行には次のような特徴があります。
  • ソニー銀行では、ネット定期での積立が可能、外貨での積立や低金利の住宅ローンなども取り扱っています。
  • 住信SBIネット銀行は、ケータイ料金などの引き落としが可能で、低金利の住宅ローンも取扱い、SBI証券と連動させて利用することもできます。
  • 大和ネクスト銀行は、金利の高い預金が利用でき、大和証券での取引の待機資金を預けておくのに便利です。
従来は預金者が払っていた手数料を銀行側が持ってくれるというこのサービス。給与振込口座と連動させれば、手数料や時間をかけずに銀行取引の幅が広がります。ネット銀行を利用している人は上手に活用したいものです。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます