デザイナーズファニチャーのイメージリーダーショップ
売れ筋ランキング2014前半(1-6月)☆BEST10☆

 今年2014年の前半の出来事と言えば、世界各国でNewsな出来事が起きていますね。年初頭から

1月【日本】
理科女という言葉が流行りました。理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダーらが開発した新型万能細胞『STAP細胞』。その後の展開は誰も予測できませんでした。

2月【ロシア】第22回冬季五輪ソチ大会が開幕した。ロシアでの五輪は旧ソ連時代の1980年モスクワ夏季大会以来で冬季大会は初開催でした。

3月【ロシア】 ロシアのプーチン大統領は上下両院議員の前でウクライナ南部クリミア自治共和国をロシアに編入すると宣言しました。
その後の展開は、世界中を巻き込んで未だ進行中。

4月【日本】 消費税率が5%から8%に上がりました。増税は17年ぶり。一般庶民には大きな痛手ですが、また上がることが法律で決まっています。いつのまに?・・・です。

5月【カザフスタン】
若田宇宙飛行士をはじめ3名のクルーが搭乗するソユーズ宇宙船(TMA-11M/37S)がカザフスタン共和国の草原に無事帰還着陸しました。

6月【ブラジル】サッカーの第20回ワールドカップがブラジルで開催しました。サンパウロの開幕戦はブラジルがクロアチアに3-1で勝利。日本は3戦全敗。優勝はドイツ。コロンビアのロドリゲス等、ラッキーボーイが出現しました。

STAP細胞の開発騒動が、関係者の自殺など異様な展開になってなんだか解明する科学・化学に?マークが残る今年の前半でした。

さて本題に戻り、恒例の「デザイナーズ・ファニチャー」。
2014年はどのようなインテリアアイテムが人々にセレクトされたか?……ファニチャーイストにとって は、気になるところ。毎回取材をお願いしていますデザイナーズ・ファニチャーイメージリーダーショップhhstyle.comに人気のファニチャー(家具)・インテリアグッズについてお聞きした。

ランキング発表前に今回は、ショップでとても気になるアイテムの中から一押しアイテムをお知らせします。

2014前半(1-7月))一押しアイテム!
-「Wooden Dolls」-


Wooden Doll No.2の画像  ●クリックすると拡大します。

Wooden Doll No.2の画像  ●クリックすると拡大します。


 1963年、サンタフェにあるジラルドの自邸に飾るため、自身でデザインしたWooden Dollsが、40余年の時を経てVitra Design Museumより初めて商品化されました。当時は販売されることのなかった幻の人形です。
_ユニークな表情や柄、形状、色使いにジラルドの独特な世界観が表現された貴重なコレクションです。

Wooden Doll No.8の画像  ●クリックすると拡大します。

Wooden Doll No.8の画像  ●クリックすると拡大します。


無垢のパイン材を削り、ハンドクラフトで一つ一つ丁寧に色づけされています。木箱入りでプレゼントにもおすすめ。
「この2体のカップルが並んでいるのが好きです!」と、広報:西村さんの一押しアイテムです。

Wooden Doll No.2、No.8
■デザイナー:Alexander Girard
■メーカー:Vitra Design Museum
■サイズ:W80xD45xH185mm~W70xD40xH210mm
■価格:¥12,960円(税込)



それでは、次ページにて「hhstyle.com : デザイナーズファニチャー売れ筋ランキング2014後半(1-7月)☆BEST10☆」、まずはインテリアグッズBEST5の発表です!