建築やインテリア・プロダクトデザイン分野では、建物の模型や試作製作の現場に使用されている。
家具や照明プロダクトでは、既に製品化されているものもある。

3Dプリンターによるデザインテーブルの画像(引用:cubifyのHP)undefinedundefined●クリックすると拡大します。

3Dプリンターによるデザインテーブルの画像(引用:cubifyのHP)   ●クリックすると拡大します。


3Dプリンターによるデザインライトの画像(引用:cubifyのHP)undefinedundefined●クリックすると拡大します。

3Dプリンターによるデザインライトの画像(引用:cubifyのHP)  ●クリックすると拡大します。


また、人そのものをスキャンして、その人のフィギュアを作る、3DME(立体の私)は、すでに商品化されている。

3Dプリンターによるフィギュアデザイン3DMEの画像(引用:cubifyのHP)undefinedundefined●クリックすると拡大します。

3Dプリンターによるフィギュアデザイン3DMEの画像(引用:cubifyのHP)  ●クリックすると拡大します。


3DME、つまり自分のフィギュアだ。会場でデモンストレーションが行われていた。
会場でのフィギュアデザイン3DMEの画像undefined●クリックすると拡大します。

会場でのフィギュアデザイン3DMEの画像 ●クリックすると拡大します。


この大きな装置の中央に人が立ち、高解像度の最新3Dスキャナを搭載した装置が360回転しながら人間をスキャンする。スキャンデータを高速処理し、高密度な3Dフィギュアを自動生成する。スキャニング12秒、3Dモデル自動生成3-5分。

フィギュアデザイン3DMEの会場風景画像undefined●クリックすると拡大します。

フィギュアデザイン3DMEの会場風景画像 ●クリックすると拡大します。



もっと驚くことは、
「食品」も作ることができるという……事例では「チョコレート」だった……えっ、食品も!

3Dプリンターによるチョコデザインの画像(引用:cubifyのHP)undefinedundefined●クリックすると拡大します。

3Dプリンターによるチョコデザインの画像(引用:cubifyのHP)  ●クリックすると拡大します。


実用にはカートリッジ部分の衛生面など解決しなければならない問題があるが、要は食品まで可能、ということ。


製造の革命を起こしている3Dプリンターは、地球にやさしい。