節約するなら豊かな気持ちを持つことが大切

節約というと、家計が苦しい人だけが取り組むと思われがちですが、実は豊かな人こそ「お金を無駄に使わない」ことを徹底しています。そうでないと、豊かさを持続できないと知っているからでしょう。

節約に取り組む時に注意が必要なのは「考え方」です。考え方が貧しいと、どんなに節約しても豊かになりにくく、反対に豊かな考え方で節約をすると、金銭面だけではなく心も豊かになっていきます。

そこで今回、「貧乏節約」と「金持ち節約」の考え方の違いを4つ紹介します。自分の考え方が貧乏に向かっているのか? 豊かさに向かっているのか? 考えてみましょう。
 
金持ち節約と貧乏節約、あなたはどちら?

金持ち節約と貧乏節約、あなたはどちら?

 

1.節約との向き合い方

「節約」と聞いて嫌悪感や貧乏臭さを連想し、みじめな気持ちになるのが貧乏節約です。損得勘定や値段、ブランド名などでしかモノに価値を見いだせない人がこれに当てはまります。「節約」と聞いたとたん、「安かろう悪かろう」と感じ、心がガックリとしてしまうのです。

反対に、「節約」と聞いて「賢いお金の使い方をしたな」と思うのが金持ち節約で、その商品の価値と値段が合っているか? と考えます。その値段より価値が高い買い物ができた時は、「良いお金の使い方をした」と感じます。

心が豊かな人こそ、無駄なことにお金は使いません。つまり、自分にとっても何が必要で、何が無駄であるかもわかっている人なのです。
 

2.物欲との付き合い方

欲しいモノを我慢したと思うのが貧乏節約、今あるモノに目を向けるのが金持ち節約です。欲しいモノを我慢するのは辛いものです。だからこそ、節約にはマイナスのイメージがつきまとうのだと感じます。

しかし、節約は我慢大会ではありません。私達日本人はすでに多くの物を持っています。その証拠に、ゴミ箱やゴミ処理場は常に溢れ返っています。

人の「欲しい」という欲望は残念ながら尽きることはありません。その欲望に身を任せてお金を使っていたら家計の破綻は目に見えています。今あるモノに目を向け、これで十分といった「足るを知る」ことで、物欲をコントロールすることが大切です。

それでも「欲しいモノ」がある場合は、どうしたらお金をかけずに手に入れることができるか?ということに視点を変えるようにしましょう。
 

3.買い物の仕方

バーゲンで買うのが貧乏節約、欲しい物を必要な時に買うのが金持ち節約です。バーゲンで安くなっているからと買い物に行って、つい衝動買いしたり、失敗したケースは誰にでもあるでしょう。

しかし、そういう買い物はもう卒業したいものです。「値段」を基準に買うのではなく、欲しい物を必要な時に買うようにすれば、ショッピングに行く回数も減り衝動買いも防げます。また気に入った物が見付からない場合は「買わない」という選択肢も大切です。
 

4.金銭感覚の養い方

「無駄使いしてはダメよ」と子どもに教えるのが貧乏節約、「大切に使ってね」と子どもに使い方を教えるのが金持ち節約です。

お金は使わないことが美徳ではありません。子どものうちは無駄使いがどういうことかまだ理解できていません。無駄使いをして、初めて「これは無駄使いだった」と知ります。大人になってからのお金の失敗は、金額も大きくなり取り返しがつかないことになりがちです。

だからこそ、子ども時代はお金を使いながら小さな失敗と成功を繰り返し、金銭感覚を養っていくことが大切です。

いかがでしょうか?「節約してもなかなか生活が豊かにならない……」と思っている人は、貧乏節約と金持ち節約、どちらに自分がいるか考えてみてください。

「節約」というお金の扱い方を家計に取り入れることで、自分や家族、社会、さらに地球環境がどうなるのか?と考えてみましょう。そうすれば、「節約」は上手なお金の扱い方のひとつだと気付くはずです。ぜひ、豊かな考え方でお金と向き合えるようにしてみてください。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。