家の最小単位「小屋」に注目した展示場

2014年10月4日(土)~10月13日(月・祝)に虎ノ門ヒルズそばの複数会場(メイン会場は西新橋2丁目11-4南桜公園脇)で「小屋展示場」が開催されます。

「小屋」をテーマにした新しい暮らしの見本市で、日本でははじめてのイベントです。東日本大震災以降、暮らしの価値観が変化しており、大量生産ではなく、一つ一つ本来の価値にこだわった「原型」に近いものが好まれつつある傾向のなかで、住宅事業においても、家の最小単位である「小屋」に注目が集まっています。

小屋

小屋のイメージ画像。今回出展のものとは異なります。写真提供/アトリエ グラム一級建築士事務所

今回のイベントは、住宅展示場な楽しみ方で、「小屋」のある暮らしをイメージできるのが特徴。主催はSuMiKa、その会場に出展するのは以下の14組。基本的に間口4m、奥行4mのスペースの中に建設されるサイズです。展示されている小屋は、気にいればその場で購入することもできるとのこと(一部除く)。

14の小屋が出展。価格は150万円~


さて今回の小屋展示場に出展する団体は14組です。
  1. (株)ウィズハウスプランニング
  2. (株)クルー(48PRODUCT)+森田建築設計+(株)カントリーベース
  3. (有)建栄
  4. ジェイスタイル・ガレージ(株)
  5. 鈴木菜央(greenz.jp編集長)+YADOKARI
  6. 谷尻誠+MaKeT
  7. タマホーム
  8. (株)東急ハンズ+(株)キューブスタイル
  9. (株)夏水組+(株)バウム
  10. 日南鉄構(株)
  11. ヒロ建工
  12. 桃山建設(株)
  13. モンベル
  14. 米田(ライフハッカー[日本版]編集長)+安藤遼子(デザインムジカ)

以上のように、建築家、工務店、WEBマガジン編集長などバラエティに富んだ出展なので、とてもユニークなものが登場しそうな予感です。価格は150万円~300万円(税別)。気にいった小屋があれば。その場で購入することもできるそうです(一部除く)。別荘の横にもう一棟おいて、自分空間を持ちたい、そんな夢がかないそうです。

このイベントはタマホームと面白法人カヤックが共同設立したSuMiKaが運営しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。