竪琴のラインを使ったリラの椅子

20世紀前半に建築界に革命を起こしたピエール・シャロー(1883~1950)を日本で初めて本格的に紹介する回顧展『建築家ピエール・シャローとガラスの家』。
本展の監修者でパリ国立近代美術館主任学装員のオリヴィエ・サンカルブル氏の解説をもとに本展をご紹介した前編、お楽しみいただけたと思います。

前編同様、シャローの魅力的な家具の数々をグッとよったファニチャーイスト(家具大好き人間:イシカワ造語)目線でお伝えする後編、画像満載で綴ります!

さて、デスクの隣にある椅子:肘掛け椅子<SN37>(1923年)は、リラ(竪琴)をモチーフにしている。

肘掛け椅子SN37の画像undefined●クリックすると拡大します。

肘掛け椅子SN37の画像 ●クリックすると拡大します。


この椅子は一見アールヌボー時代のモノなのか?と思った。と、いうのも隣のデスクに比べて曲線が多用されているからだ。

肘掛け椅子SN37の肘掛け部分画像undefined●クリックすると拡大します。

肘掛け椅子SN37の肘掛け部分画像 ●クリックすると拡大します。


また、モチーフの竪琴のイメージが、曲線の装飾ラインを活かしてピッタリだったからだ。

竪琴のイメージイラスト画像undefined●クリックすると拡大します。

竪琴のイメージイラスト画像 ●クリックすると拡大します。


楽器の竪琴のラインをアームから繋がる前脚に活かし、軽快で優雅な椅子が誕生した。

肘掛け椅子SN37の前脚画像undefined●クリックすると拡大します。

肘掛け椅子SN37の前脚画像 ●クリックすると拡大します。


シャローの初期の椅子は前時代を踏襲した重々しいものが多いが、この頃から軽やかで、機能的なデザインを意識している事がわかる。個人的にはこれでも「重々しい椅子」だが。


隣に展示してあるのは、まさにアールデコスタイルの化粧台(1925-27年)。

化粧台の画像undefined●クリックすると拡大します。

化粧台の画像 ●クリックすると拡大します。


この化粧台は、顧客ウルマン夫人の寝室のためにデザインした。直線が強調されとても簡素なフォルムだ。デスク幅いっぱいの横長ミラーと素材切り返しによるデスク中央部。

化粧台の正面部分画像undefined●クリックすると拡大します。

化粧台の正面部分画像 ●クリックすると拡大します。


中央のカエデ材と周囲のマホガニー材のコントラストがとてもモダンな組合せだ。そしてエッジなど細部の意匠も細やかにデザインしている。
専用のスツール、光沢のあるサテンのような生地が上品さを醸し出している。