エアコンを効かせていてもこまめな水分補給を

夏休みは海や山へと遠出して、親子でレジャーを満喫しようと計画を立てているファミリーも多いことでしょう。小さなお子さんがいるファミリードライブで、真夏の季節に気をつけたいのが熱中症です。たとえば、エアコンを効かせていれば、熱中症対策もばっちりだと思っていませんか?
家族

夏のファミリードライブは熱中症対策が不可欠

最近のクルマのほとんどは、フロントガラスや前席のサイドウインドーがUVカット仕様になっています。そのため、ママの悩みの種でもある運転中の日焼けは、ある程度防げるようになっています。ですが、熱線はカットするわけではないので、真夏の直射日光に照らされると、じりじりとした暑さを感じるはずです。

そのため、エアコンを効かせて車内の温度を下げていても、こまめに水分補給をしていないと、熱中症になる危険があります。エアコンによって、室内は乾燥しています。身体も熱によって乾きますから、脱水症状を引き起こす可能性があることを忘れないようにしましょう。

とくに、子どもや高齢者が乗っている場合は、まめに水分を取るように促してあげてください。高齢者の場合、トイレの心配をして水分をとらないようにしていることもも多くありますので、気を付けたいものです。塩分補給のタブレットやアメも、常備しておきましょう。
陽射しと子ども

直射日光が当たらないように気をつけましょう。

後席のチャイルドシートの陽射しと温度に注意

後席のチャイルドシートも特に注意が必要です。気付かないうちに直射日光が当たっていることが多くとても危険です。とくに月齢の小さい乳児の場合、クルマを走らせていると、よく眠ってくれるという話を耳にしますが、おとなしく眠っているからといって今のうちに先に進んでしまおうと思わないこと。気付いたらぐったりしていたということがないように、こまめに気を配って、陽射しにさらされていないか、注意してあげましょう。

もし、陽射しが当たっているようでしたら、市販の日除けやタオルなどを使って、日差しを遮ることが大切です。最近のファミリー向けミニバンの中には、日産のセレナのように、後席の窓に日除けが装備されたものもあります。後席の子どものことを考えたやさしい装備の一つといえるでしょう。

また、真夏のドライブでは、エアコンの設定温度をつい低くしてしまう人も多いのではないでしょうか。とくに運転している人は、陽射しもたくさん当たっていますし、注意を払いながらの運転操作に、暑く感じるものです。

一方、前席は暑くても、後席は意外に冷えを感じていたりします。前席、後席で温度設定が変えられる場合は調整が可能ですが、変えられない場合は、大判のバスタオルや膝かけなどで調整しましょう。何もかけずに眠ってしまうと、目が覚めたら喉が痛くなっていたという話もよく耳にします。夏だからこそ、冷えすぎも気をつけたいポイントです。
子どもと膝かけ

チャイルドシートで眠っている子どもには、膝かけやタオルをかけて冷え予防を。

駐車中の日除けも忘れずに

目的地に到着して駐車場にクルマをとめたときも、日除けグッズやタオルを上手に使って日除けをしましょう。真夏の日差しは、ハンドルを握れないほどに熱くします。

そこで、駐車中も注意したいのが、チャイルドシートの日除けです。これは私の経験ですが、以前、直射日光が当たっていたチャイルドシートにうっかり子どもを座らせてしまい大泣きして慌てたことがあります。子どもをよく見てみたら、ベルトの金具で太ももにやけどを負ってしまいました。親として子どもに可哀想なことをしたと猛省したことを思い出します。

最近のチャイルドシートは、子どもの柔らかい肌にバックルなどの金属が直接触れない構造になっているものがほとんどですが、シートそのものも、直射日光を浴びると熱くなります。駐車する際にも気配りを忘れずに。

真夏のドライブは、熱中症を想定したこまめな水分補給、エアコンの冷え対策、陽射し対策が大きなポイントです。子どもたちや祖父母も一緒に、安心で快適な楽しいドライブを楽しみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。