頭痛外来、頭痛、片頭痛、偏頭痛、肩こり、緊張型頭痛

限られた診療時間内でうまく頭痛を伝えるには、数字を意識して具体的に話すことがポイントです

頭痛外来は、頭痛を専門に診るお医者さんがいる外来です。その数はまだまだ少なく、受診者が殺到する病院もあります。すると患者さんは短時間で要領よく症状を伝える必要があり、それが難しい場合は、長く待った割に治療満足度の低い受診結果となってしまうかもしれません。

そこで今回は、初めて頭痛外来を受診するときに、医師に伝えるべき8つのポイントをお話します。

医師に伝えるべき8つのポイント

1. 頭痛は何歳ごろから起こり始めたのか?
小学生から?働き始めた頃から?出産後?それとも50歳を超えてから?何歳で頭痛を感じ始めたかは、とても貴重な情報です。大まかでもいいので、いつごろから始まったかは、必ず伝えましょう。

2. 頭痛の頻度
毎日、頭痛が起こりますか?何時に起こりますか?1週間に1回?それとも数ヶ月に1回?回数によっては、予防薬が必要となったり、内服内容が異なります。また、頻度で分かる頭痛のタイプもあります。

3. 1回の頭痛が続く時間
数時間で治まりますか?それとも、数日続いている?発作的に短時間だけの頭痛?24時間起こりっぱなしの頭痛?「自分にとってはこれが普通の頭痛」と思っていても、なかなかお医者さんには伝わりません。頭痛は、持続時間も千差万別です。

4. 頭のどの辺りが痛いのか?
多くの人が頭痛といえば、コメカミ周辺の痛みだと思っているようです。ですが、頭痛によっては、後頭部、首筋、耳の後ろ、眼の周り、これら全てが頭痛の一種となります。また、頭の一部ピンポイントで痛みを感じるのか?頭全体?左側だけ?それともハチマキ状?どのあたりが痛むかで、頭痛診断も異なってきます。

5. どんな感じで頭痛を感じるのか?
ズキンズキン?締め付けられるような痛み?刺すように痛い?ハンマーで殴られたような痛み?ピリピリする?電気が走るような痛み?いきなり頭痛を言葉で表現することは、難しいかもしれません。受診前に、頭痛の質を伝える準備をしておくことが大切です。

6. 頭痛の重症度
頭痛が起こると寝込んでしまう?動けない?仕事にいけるけど、仕事にならない?家事はできる?日常生活が何とか送れる程度?頭痛の重症度は、治療方針を決める要素です。これまで仕事を欠勤したり、学校を早退した日数を伝えると、より具体性が増します。

7. 頭痛以外に起こる症状の有無
熱が出る、吐き気がある、めまい、手足のシビレ、ろれつが回らない、ぐったりして眠い、体がむくむ、耳鳴りなど、頭痛以外の症状に、治療のヒントが隠れている場合もあります。積極的に医師に伝えましょう。

8. どんなきっかけで頭痛が起こるのか?
生理の前、生理の終わりかけ、週末、寝すぎたとき、寝不足、ストレスを感じたときなど、人によって頭痛が起こるきっかけは異なります。自分の頭痛が起こるきっかけを知ることは、効果的な早めの対策にもつながります。

「頭痛がつらいです。」と訴えるより、具体的な症状を述べる

頭痛に悩んで受診されるのが、頭痛外来です。しかし、いくら頭痛の大変さを漠然と訴えても、あなたにあった治療の糸口は見つかりません。限られた診察時間です。短時間で的確な頭痛診断をしてもらうために、この8つのポイントを意識しましょう。

症状や重症度、回数などできるだけ数字を意識して、具体的に話すことが大切です。しっかり医師にあなたの頭痛を伝えて、一刻も早く頭痛のない快適な生活を手に入れましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項