前回は、腕時計としての「LG G Watch」を解説いたしました。今回は、G Watchの核心部分でもある、Googleの新しいOS「Android Wear」に迫ります。

Android Wearとは?

最近ではスマホが生活必需品になり、毎日の数時間をこれに費やしている方も多いでしょう。この中でも最も多く時間を消費しているのが、スマホの通知チェックで、Googleによると1日平均で125回も行っているとしています。

私達はよく、新着メール通知があるとポケットやカバンからスマホを取り出して、ロック解除をし、内容を確認するといった操作をします。仮にこの操作に30秒程度かかっているとすると、毎日情報確認に一時間程度を割いていることになります。普段あまり意識しませんが、これほどの時間を割いているのかと驚いてしまいます。
新着メールの通知を受けたところ

新着メールの通知を受けたところ

Android Wearは、ポケットやかばんに入っているAndroid端末の通知を腕時計で確認できます。
乱暴な言い方をすれば、Androidの通知パネルやGoogle Nowが腕に移動したようなものです。たとえば、新着メールがあると腕時計をチラ見することで、すぐに返事が必要なメールか、後でもよいメールかを判断できます。後でよければ、この間の操作は10秒もかかりません。これがまとまった回数になると、スマホをポケットから取り出していた頃と比べて、相当な時間の節約になります。

Android Wearは、通知機能や音声入力ばかりが注目されますが、時間を有効活用できるデバイスとしても見ることもできます。

次のページでは、Android Wearの使い方をご紹介します。