「自分の1本」を選択することが投資信託のポイント

ボーナスで買いたい投信は

ボーナスで買いたい投信は

ボーナスで投資を始めるにあたり、大事なことがあります。それは、投資額の上限を決めることです。当然、投資額が小さければリスクも抑えられます。しかし、ある程度の原資がなければ、投資対象の選択肢が極端に限られてしまうのも事実。その点で、今回のテーマである「10万円」は、投資スタートには適した金額と言えるでしょう。

投資商品として、一般にビギナー向きと言われるのが投資信託です。少額で分散投資ができ、積み立てでの購入も可能。銘柄選びはプロ任せというメリットもあります。とはいえ、投資信託ならすべてビギナーにおススメ、とは限りません。

たとえば、公社債投信やMRF、MMFも、実は投資信託の一種です。国内外の安定的な公社債を中心に投資するため、大きなリターンは望めませんが、リスクはきわめて低いと言えます。対して、リスクはありますがリターンも期待できるのが、主に株式に投資する投資信託。その内容は実に広範囲で、国内株式から新興国まで。あるいは、大型株や小型株、あるいは一定の業種に特化したもの。株式と債券、金などのミックス型もあり、その組み合わせは無限です。

また、ETF(上場投資信託)は、さまざまな株価指数に連動する投資信託で、とくに日経平均やTOPIX連動型は、値動きがわかりやすく、ビギナー向けと言えるでしょう。証券取引所に上場し、株式のように手軽に売買できるのも魅力です。

厳選、10万円以下で買える注目の投資信託

では、この夏、どんな投資信託がオススメなのでしょうか。SBI証券・投資調査部シニアマーケットアナリストの藤本誠之さんに、10万円以内で購入できるものをチョイスしてもらいました(表参照)。

オススメ投資信託

オススメ投資信託


まず、株式に投資する投資信託から2本です。

●ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)

「昨年12月に設定されたばかりのニューフェイス。注目は、当ファンドの運用を担当するベテランファンドマネジャーが糸島孝俊氏であるということ。糸島氏は過去に運用するファンドがモーニングスターのFund of the Year で優秀賞を受賞した実績のある凄腕ファンドマネジャーです」

●ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス)

「このファンドの最大の特徴、守りながら増やす、ということ。株価上昇が続き、市場が過熱気味、下落基調になった場合、資産の株式保有比率を下げて現金比率を上げ、金融資産の保全を図ります。また、高パフォーマンスも大きな魅力。2013年12月30日までの設定来の騰落率が99.92%ですから、何と2倍となっています。これは、同期間の東証株価指数TOPIX(配当込み)の86.24%を大きく上回っています」

次に、ETFから2本、ピックアップしてもらいました。

●上場インデックスファンドJPX日経インデックス400(日興アセットマネジメント)
「1000円程度の少額から、話題のJPX日経400に投資が可能という点が最大のポイントです」

●MAXIS S&P東海上場投信(三菱UFJ投信)
「東海地方(岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)に本社がある上場企業のうち、時価総額の大きい50銘柄で構成されています。東海地方といえば、日本最大の時価総額であるトヨタ自動車のお膝元。このETFにも多くのトヨタ系の企業が含まれていますから、業績好調のトヨタの賃上げ、ボーナスアップにも反応するという特徴があります」

★次に、この夏の株式投資についてレクチャーします

取材・文/清水京武
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。