北の大地ではじまる新しい芸術祭
札幌市全域(北海道札幌市):札幌国際芸術祭2014

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

全国各地でで行われている芸術祭。夏休みの旅行先として選んでいるアート好きの方も多いはず。そのなかでも今年注目なのは、新しく始まる札幌国際芸術祭2014。

さまざまな文化が混ざり合う北海道。政令都市でありながら自然に恵まれた都市、札幌で長年望まれていた芸術祭がとうとうはじまります。芸術祭は「都市と自然」がメインテーマ。

ゲストディレクターに就任したのは、アーティストの坂本龍一。残念ながら、先日長期休養が発表されましたが、彼の思いは現実のものとなり、芸術祭の細部に宿っています。

会場は札幌中心部の美術館や、地下歩行空間「チ・カ・ホ」など、モエレ沼公園や札幌芸術の森美術館などのほかは、徒歩圏で行ける場所が多く、まちあるきを楽しみながら芸術祭を楽しめそうです。

中谷 芙二子(Fujiko Nakaya)  〈参考作品〉  《Fog Sculpture #47636 “風の記憶”》2013  豊田市美術館での展示風景undefined  Photo: 谷川寛

中谷 芙二子(Fujiko Nakaya) 〈参考作品〉 《Fog Sculpture #47636 “風の記憶”》2013 豊田市美術館での展示風景  Photo: 谷川寛

注目は中谷芙二子の「霧の彫刻」のシリーズ。実体のない霧を題材にすることで世界的に注目されている中谷は、札幌国際芸術祭では札幌芸術の森美術館の中庭で人工霧を滝に見立てた新作《FOGSCAPE #47412》を発表するとのこと。夏の北海道で、どのような作品になるのか注目です。


■DATA 札幌市全域(北海道札幌市):札幌国際芸術祭2014
展覧会名称:札幌国際芸術祭2104
会場:北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、北海道庁赤れんが庁舎、モエレ沼公園、札幌市資料館、札幌大通地下ギャラリー500m美術館 ほか
会期:2014年7月19日(土)~9月28日(日)
開館時間: 会場により異なる
休館日: 会場により異なる
Web: http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/

以上、7月のオススメ展覧会でした!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。