カラフルな花満載!となみチューリップフェア

砺波の地図

今回の行き先は【富山】
カラフルな花満載!となみチューリップフェア

可愛らしい花として誰もが知っているチューリップ。童謡では「赤、白、黄色」と歌われますが、実際には多種多彩な品種が色とりどりの花を咲かせるそうです。

国内に点在するチューリップを観賞できる場所の中から、今回は富山県の砺波(となみ)で行われる「となみチューリップフェア」をご紹介します。

球根の生産量が日本一という富山県の地の利を活かして、100万本にも及ぶチューリップを楽しむことができる素敵な所なのですよ。

 

色とりどりのチューリップが100万本以上!

となみチューリップフェア(1)/大花壇を彩るチューリップ

100万本以上のチューリップが楽しめる「となみチューリップフェア」。どこを見渡してもカラフルなチューリップがいっぱいです!(2008年5月1日撮影)

砺波(となみ、Yahoo! 地図情報)は、富山県西部に位置する町。富山を代表する風景の一つとして、散居村(さんきょそん)と呼ばれる広い平野の中に家が点在する風景が見られる場所です。

気候風土がチューリップの生育に適していることから、富山県は大正時代からチューリップの栽培を始めていて、現在ではチューリップの球根生産量が日本一を誇ります。その富山県の中でもチューリップ栽培の中心となるのが砺波なのです。

 

となみチューリップフェア(2)/入口

となみチューリップフェアの入口(2008年5月1日撮影)

砺波では、毎年4月下旬からゴールデンウイークにかけてのおよそ2週間にわたって、市内中心部にあるチューリップ公園を会場として「となみチューリップフェア」が開かれます。

チューリップフェアに集まるチューリップは、生産量日本一の地の利を活かして500種、100万本以上。国内でチューリップを鑑賞できる場所の中では群を抜いて規模が大きいということもあって、国内・海外を含めて毎年30万人もの人がチューリップフェアを楽しみに砺波を訪れています。