道楽かられっきとした趣味へ

景気回復で懐具合も以前に比べて改善の兆しが見える昨今、新しい趣味を持ちたい、チャレンジをしたいという人は多いだろう。子供の頃に抱いた夢を実現したり、若い頃に志半ばで諦めてしまった挑戦をしてみるのはどうだろう? モータースポーツへの挑戦を始めるなら今がベストタイミングかもしれない。

以前に比べて、モータースポーツの敷居は格段に低くなっている。かつてはレースに参加できる車両を購入し、あとは自己責任でやってちょうだい、というのが業界の慣例だったが、現在ではそういう論理は通用しない。低価格で体験でき、インストラクターのアドバイスを受ける事ができ、さらに様々なサービスが用意されているのが当たり前になってきた。むろん、モータースポーツは他のスポーツに比べてコストがかかるスポーツだけに、資金の目途が立たない人に無理な挑戦は強要しない。やめるタイミングも自分で決められる雰囲気が今はできている。
SNS

SNSでの友人達の応援は嬉しい!


また、かつては「道楽」や「無謀な挑戦」と冷ややかな目でみられがちだったモータースポーツも、SNSでアマチュアが自分自身のレース参戦を周りに伝えることで、「趣味」という価値観で捉え、応援してくれる人が多くなってきた。モータースポーツに対する理解の高まりはレース参戦を考える人にとっては一つの後押しになると思う。

今回はそんな好機にぜひチャレンジしたい人に向けて、はじめやすいモータースポーツカテゴリーをご紹介しよう!

体験レッスンとレース参戦

4輪モータースポーツで最も簡単に始められるのが、レンタル車両によるレッスン形式のプログラムだ。以前にガイド自身も挑戦し、All Aboutでもご紹介した「Honda Sports & Eco Program」は全くの初心者にはピッタリの内容だ。
CR-Z

CR-Z 10Lチャレンジ

ロールケージに守られた安全性の高い「ホンダCR-Z」を受講者がレンタルし、サーキットなどでドライビングレッスンを行う。プログラムはライセンスの取得、本格的なタイムアタック競技への参加、そして最後はレース参戦も実現できる。しかも、車両はレンタルで、ヘルメットやスーツなどの装備品もレンタルできるので、ゼロスタートからレース参戦までが一つになった非常に参加しやすいプログラムになっている。

レッスンを行うのはSUPER GTに参戦するドライバーやレース参戦経験の豊富なモータージャーナリストたち。休憩時間にそういった方々とコミュニケーションが取れるのもレースファンやクルマファンには楽しい時間だ。何も経験が無い、一度体験してみたい、とりあえずは1年だけチャレンジしてみたい、そんな人には是非オススメしたい。

HP:Honda Sports & Eco Program

次のページは本格的にレース参戦を考えている人に向けたプログラムをご紹介!