これぞノースショア名物! マツモトシェイブアイス

店内には、おなじみのロゴマークも

店内には、おなじみのロゴマークも

ノースショアに来たら、これを食べずには帰れないという冷たいスイーツが、マツモトシェイブアイスです。シェイブアイスとは、ハワイ版かき氷のこと。日本のガイドブックやテレビ番組にも取り上げられる超定番スポットです。

ハワイのシェイブアイス発祥の店

明るく、オーダーしやすくなった新店舗

明るく、オーダーしやすくなった新店舗

旧店舗時代の画像。この看板は今もそのまま残されている

旧店舗時代の画像。この看板は今もそのまま残されている

なぜ、マツモトのシェイブアイスがこれほどにも人気なのか? それは、ハワイのシェイブアイスがここで誕生したから。日用雑貨店としてオープンしたのは、1951年。ハワイにアイスクリームしかなかった当時、日系移民のマツモト氏がかき氷を売り始めたのがシェイブアイスの始まりなのだそう。こじんまりとした平屋の店先にできる行列は、ノスタルジックなハレイワタウンのランドマーク的存在でもありました。

現在は、2015年5月にオープンしたショッピングモール「ハレイワ・ストア・ロット」に入店。これまでの店舗はグッズ販売コーナーとし、隣の新店舗でシェイブアイスを販売しています。

人気フレーバーは、カラフルな虹色「レインボー」

赤、黄、青の色鮮やかなフレーバー、レインボー。派手な見た目とは対照的に、シロップは甘すぎずスッキリとした味わい

赤、黄、青の色鮮やかなフレーバー、レインボー。派手な見た目とは対照的に、シロップは甘すぎずスッキリとした味わい

ふんわり盛った氷に自家製シロップをたっぷりと

ふんわり盛った氷に自家製シロップをたっぷりと

シェイブアイスの氷には、口に入れた瞬間にフワッと溶ける粉雪タイプと、それよりも少々粒子が大きいサクサクタイプの2種類があり、マツモトは後者。紙皿に丸く盛られ、色鮮やかなシロップがかかったレトロかわいいシェイブアイスは、一口食べただけで、なんとも懐かしい気持ちに包まれます。

オーダー方法は、まず、サイズ(スモール2.50ドル、ラージ2.75ドル)とシロップ3種類を選択。シロップのフレーバーは約40種類あり、アズキやモチなどのトッピングが選べたり、氷の下にアイスクリームを入れたりとアレンジが可能です。悩んだ時には、マツモトおすすめのセットフレーバー「レインボー」にチャレンジしてみては? ハワイらしくカラフルで、イチゴ、レモン、パイナップルの3つの味が楽しめます。

ノースショア観光の休憩に

マツモトシェイブアイスの店舗前。ハレイワ・ストア・ロットには、ファッションブティックやレストランなど約20店舗が並ぶ

マツモトシェイブアイスの店舗前。ハレイワ・ストア・ロットには、ファッションブティックやレストランなど約20店舗が並ぶ

今も昔もいつ訪れても行列の絶えないマツモトシェイブアイスですが、待ち時間は長くて15分程度なのでご安心を。ロゴTシャツやシェイブアイス型のストラップなどお土産グッズも豊富です。また、これまでノースショアには公衆トイレが少なく、お手洗いのことを気にしながらの観光でしたが、新たにオープンしたハレイワ・ストア・ロットには、きれいなレストルームがあり、安心してノースショア観光を楽しむことができるようになりました。ぜひ、ノースショア観光、ハレイワ散策の休憩に立ち寄ってみてください。


<DATA>
MATSUMOTO SAVE ICE(マツモトシェイブアイス)
住所:66-111 Kamehameha Hwy. Haleiwa ハレイワ・ストア・ロット
TEL:808-637-4827
営業時間:9:00~18:00


まだまだあります!ノースショアグルメをまとめてチェック>>>ノースショアのグルメ・レストラン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。