おばあちゃんの原宿「巣鴨地蔵通商店街」へ

急に巣鴨の「ファイト餃子」が食べたくなった。巣鴨地蔵通り商店街の先にあるお店だ。というわけで、今回の商店街散歩は巣鴨へ。巣鴨駅から商店街の入り口への動画はこちら。

駅からすぐに商店街が始まっているわけではない

JR山手線の巣鴨駅

駅の位置から考えると、変な方向へ伸びている商店街だ。それもそのはず、この通りは巣鴨駅ができるずっと前、江戸時代中期からあるのだ。もともとは中山道(なかせんどう)で、日本橋からの最初の休憩所だったそうだ。宿場とは違って、「ちょっと休憩」的な場所だったんだね。
江戸六地蔵のひとつ

真性寺の銅造地蔵菩薩坐像

巣鴨地蔵商店街の入り口にある真性寺にある銅造地蔵菩薩坐像は江戸六地蔵のひとつ。六地蔵は、江戸の各入り口に置かれた。ちなみにこちらは旧中山道の入り口だった場所ということになる。

このアーチはいくつも商店街にある

こちらが商店街の入口

ぼくが初めてこの商店街を訪れたのは、1990年代の終わりごろ。知り合いの編集者Kが巣鴨に住んでいて、どういう流れでそうなったのか忘れてしまったのだけれど、ご飯をごちそうしてくれることになった。それで、巣鴨駅で待ち合わせて、商店街を歩いたのだ。