今年も「ハロハロ」の夏が来た!


ハロハロラムネ

定番の「ハロハロ ラムネ」(270円)には、黄桃、パイナップル、りんご、ナタデココ、ハートゼリー入り。1個しか入っていない赤いハートゼリーを探しながら食べるのもお楽しみ

ミニストップの夏の代名詞と言えば、ご存じ「ハロハロ」!1995年に発売されて以来、さまざまなフレーバーが登場し、進化を遂げているロングセラー商品です。

そもそもハロハロとは、フィリピンの代表的なかき氷デザートで、タガログ語で「混ぜこぜ」という意味のこと。中に入れる食材に特別な決まりはなく、色や食感、味の異なるものを氷と一緒に混ぜながら食べて、最後はジュースのように飲むこともできるデザートです。
ミニストップのハロハロは、フルーツやゼリーを、ミニストップ自慢のソフトクリームと混ぜて食べる仕立て。定番のラムネ味以外は毎年フレーバーのラインアップが入れ替わっており、今年は、「ラムネ」、「宇治金時」、「トロピカル」に加え、5月30日より「白くま」味が130万食限定で発売になり、話題を呼んでいます。

ハロハロundefined白くま

パインとみかんのフローズンフルーツに、あずき、赤いゼリー入りの「ハロハロ 白くま」(290円)。予定数量に達し次第終了なのでお急ぎを!

これまでのハロハロは、どちらかというと男性をターゲットにしたフレーバーが多かったため、「彩りがカラフルで、見た目からして女性に喜ばれそうなハロハロを」と開発されたのがこの「白くま」。開発工程における管理の難しさから一度は開発を断念したものの、市場の拡大を受けてふたたび商品化に挑戦し、なんと6年の月日をかけて販売を実現させたそうです!執念とでも呼ぶべき商品開発者の熱意を感じられる商品ですね。

かき氷トロピカル

南国フルーツのマンゴー・パイン・パッションフルーツの果汁を使用したかき氷「トロピカル」(150円)

ミニストップではもう一つ、スタンダードなかき氷も販売しています。純氷とシロップのみのシンプルな仕立ては、子どもからご年配の方まで愛される味。ラムネ、抹茶、トロピカルの3フレーバーをそろえており、150円というお手ごろ感も魅力です。

次ページでは、ローソンの氷スイーツを紹介します!