日焼け止めの数値、SPFやPAの意味を知っていますか?

Girl

外遊び中に、木陰で過ごすのもオススメです   (C)Doable/amanaimages

人体に影響を与えると言われている紫外線は、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。日焼け止めのパッケージには20などの数字で書かれたSPF数値や+表記のPA数値が紫外線防止の指数を表しています。

SPFがUVBの制御率を示すもので、PAがUVAの制御率を示すものです。SPF値は、1単位ごとに約20分のUVB制御効果があり、SPF20では、
SPF20×15分=300時間(5時間)
となり、5時間もブロックする効果があるんです。汗などで流れてしまうので、3時間おきぐらいに塗りなおすことを考えると、子どもの日常使いには、SPFは20ぐらいあれば十分です。

PA値は+から++++までの4段階に分かれています。数値が大きくなるほうが色素沈着を起こすまでの時間を遅くする“効果がある”という意味になります。子どもの日常使いには、低いPA値で十分と言われています。

外出中、子どもは汗をかきやすいので、2、3時間おきに日焼け止めを塗り直すのも忘れずに! そして、帰宅したら直ぐに日焼け止めを洗い流してください。肌荒れを防げます。


生後6ヶ月の赤ちゃんから使える! 石けんで洗い流せる!
SPF16/PA++ 「ベビーセバメド UVミルク」 

今回ご紹介する5選の中で一番SPFの低い日焼け止めが「ベビーセバメド UVミルク」です。
Babysebamed

天然保湿成分配合の「ベビーセバメド UVミルク」

皮膚科学に基づき開発されたスキンケアブランド「ベビーセバメド」は、デリケートな赤ちゃんの肌でもバリア機能を損なわず使えるアイテムを揃えています。「ベビーセバメド UVミルク」も、肌に優しい設計で、紫外線吸収剤不使用なのはもちろん、無香料、無着色、アルコールフリーで、弱酸性pH5.5と低刺激性です。

消炎と保湿作用のある天然成分カミツレエキスも配合。この成分はメラニンの生成を抑制したり、紫外線防止や日焼け後のお手入れにも効果があるんです。紫外線防止効果も“SPF16/PA++”と赤ちゃんが肌に負担をかけず、毎日使える処方です。

白い乳液のようなテクスチャーは、伸びもよくしっとりしています。塗ったあと、膜が張ったような感覚がありますが数分で馴染みます。落とすのも簡単で、石けんで洗い流せばOKというのも安心です。

■商品データ
商品名:ベビーセバメド UVミルク
価格:1080円
内容量:28ml
対象年齢:生後6ヵ月から

次ページでは、「ノエビア」と「アネッサ」の子供用日焼け止めを紹介します。