地球のかけらを読み解くためのガイドブック『川原の石ころ図鑑』

石ころの写真

基本的には拾ってはいけない石。少量を大切にしましょう! また、許可が必要なところは届け出を出すなど、大人のフォローが必要な場面も

小さな子がいると、気付けば家のそこここに石がコロコロ、ということありますよね? きれいに並べたり、じっと見つめたり、ただただ集めるだけだったり、子どもたちは、石ころが大好き。

でも、その石ころ、同じものは二つとしてありません。形や重さはもちろん、石ころを作る鉱物の組み合わせも、生まれたところも違うからです。

自然の様々な不思議を教えてくれる石ころ。お子さんと一緒に様々な石に触れながら、『川原の石ころ図鑑』で、長い長い時間をかけた地球の営みに思いをはせてみませんか。

家族みんなで楽しめる! 石ころと『川原の石ころ図鑑』の楽しみ方

『川原の石ころ図鑑』は、北海道から沖縄まで58の川原で、著者が実際に拾った石について紹介されています。現物の80%とほぼ実物大の石ころの写真のほか、採集地の川の流れやその地質についても書かれており、現在の石の状態だけでなく、その成り立ちまでも想像しやすくなっています。

写真が多く分かりやすいので、小学生向けの図鑑ですが、未就学児から大人まで愛読者・愛用者が多いのも『川原の石ころ図鑑』の特徴と言えるでしょう。

たとえば小学校入学前の、気付けば石ころを握っている年齢の子どもたちは、まるで写真集のように、黙々とページをめくっていきます。かわいらしい石、色鮮やかな石、重厚な石― 石ころのたたずまいを満喫できます。

小学校低学年の子どもたちにとっては、この本は読みものだと言えるでしょう。「ケーキのように美しく、おいしそうな石」「マグマがどろどろにとけてながれたあとが、かすかについている」といった身近な表現を楽しんでいるようです。川の説明などは比較的文字が小さく内容も難しいのですが、この段階で知りたいのはとにかく石そのものについてなので、読めなくても気にならないことが多いように見受けられます。

そして、小学校中高学年ともなれば、自由研究などにもフル活用。自分でも石を採集し、この本を参考に自分なりの『川原の石ころ図鑑』を作ることもできます。石ころを、恐竜や化石と結びつけ、太古の時間を楽しめるようになってきています。

川遊びの写真

石ころ拾いだけでなく、川遊びもいい思い出に。石に絵を描いたり楽器やアクセサリーにしたり、石はいろいろな遊び方ができます。

さらに、どの年齢の子でも喜ぶのが、お父さんやお母さんと一緒に石を拾いに行くこと! 自分の身近な川が本に載っていることが誇らしく、石ころについて深く知ることが面白く、大好きな家族と一緒にいることがうれしいという、子どもにとっては楽しい尽くしのイベントなのでしょうね。

お子さんをきっかけに石にはまってしまうお父さん・お母さんも少なくないと聞きます。巻末には、石ころ拾いに便利なグッズや参考書なども掲載されていますので、皆さんもぜひ、『川原の石ころ図鑑』を片手に、地球のかけらを探しに出かけてみてくださいね。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。