男性はおいしい料理に弱い

おいしい料理をつくれる女性は、男性にとってとても重要な存在

おいしい料理をつくれる女性は、男性にとってとても重要な存在

バツイチが再婚をする強い味方がスキルです。とりわけ料理に関しては、スキルは必ず武器になります。昔から「男をつかむなら、まずは胃袋をつかめ!」と言われています。そのくらい男性は美味しい料理に弱いのです。確かに、料理上手は妻を持つ男性は、仕事が終わるとまっすぐに家に帰る傾向があります。そのため、浮気の心配もなく、家庭円満だと言われてきているのです。

料理の腕で自分の魅力がアップすることを知っている女性も多く、自慢の手料理で彼をオトしたという方もたくさんいます。私がカウンセリングをしてきた中には、付き合い始めで家を行き来するまでの交際期間中に、お弁当を作っていた人がいます。手作りのお弁当の中で、料理の腕をアピールすることで、見事結婚にいたりました。もちろん全員がこの作戦で成功するわけではありませんが、自宅で手料理が作れない場合には、こういった作戦もありだと思います。

この人が料理?のギャップが魅力

キャリアウーマンは、見た感じでは料理なんてしないと思われる傾向がありますが、それをうまく利用するのもいいでしょう。つまり、ギャップをつくるのです。男性は、女性の思わぬギャップにグッとくることがあります。キャリアウーマンだから料理をしないというマイナスのイメージを払拭するようなギャップがあれば、それは魅力として映るのです。

当然ながら、逆のギャップはNGです。料理ができそうと思われていても、実際にできないと一気に気持ちが冷めてしまいます。特に再婚をする人は、これまで家庭を持った経験があるので、料理ができるのは当たり前と思われています。そのため、誰でも作れるような料理、たとえばルーを入れるだけのカレーや半調理品の料理ができても、そこに感動はありません。もっと手の込んだ、工夫がされた料理を期待しているのです。

勝負料理が最高の武器になる

そのようなスキルを身につけるためには、レシピ本で勉強するのもいいのですが、やはりプロに教えてもらうのが一番スムースです。お料理教室は全国各地にあります。時間帯や曜日も女性が通いやすいように設定されているので、仕事に支障が出ることはほとんどありません。

ただし、料理教室の場合、「通うこと」に意味があるわけではありません。料理のスキルを上げること、自分で作れるようになること、そしてここぞというときの勝負料理を作れるようになることが最終的な目的です。一度作っただけでマスターできるほど料理は単純ではないので、自宅で何回か作ってみる必要があるのです。そうやって繰り返している中で、自分の得意料理も出てくるでしょう。それが彼をオトす勝負料理になってくるのです。








【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。