東京で一番長い商店街「戸越銀座」

商店街をもっとじっくり歩いてみたいと思った。できれば、今晩のおかずが買えるような商店街がいい。ならば「戸越銀座」だ。何度も歩いたことはあるけれど、きちんと記事にするのは初めてかも。というわけで、やってきたのは東急池上線戸越銀座駅。

改札を出れば、もうそこは商店街だ

東急池上線戸越銀座駅

駅を降りたら、いきなり商店街が広がっている。なんだか、これぞ商店街!ってかんじの佇まいだ。

ザ商店街ともいえる、立派なアーチ。

戸越銀座駅の改札を出るともう商店街

まずは「とごしぎんざお休み処」へ。ここでは、商店街の説明などが壁にはられている。東京一長いということだが、意外と全長は1.3km。えっ、そんなもんだっけ。もっと長いイメージがあったんだけどけどなぁ。
お休み処にはマップも置いてあるので、貰っておくと何かと便利だ。

ここにマップなどが置かれていた

とごしぎんざのお休み処


マップを見ると、ここ戸越銀座は3つの商店街で構成されていることがわかる。戸越銀座商栄会商店街(商栄会)、戸越銀座商店街(中央街)、戸越銀座銀六商店街(銀六会)だ。合わせて約400ものお店があるんだとか。ひえー。そういえば、半分ほど歩いただけですでに魚屋が2軒、八百屋は4軒もあった。