オービスや交通取締地点がわかるアプリも

前回に続いて、クルマで役立つスマホ・アプリをご紹介。まずは、 といったアプリをご紹介しよう。

交通取締通知(600円)はゼンリンがリリースしたiPhone向けアプリで、全国のオービスの設置場所がわかるほか、全国の警察が公開する交通取締計画に基づいて、いつ、どこで、どんな取締を行うかを教えてくれる。その場所に近づいた時には、プッシュ通知で教えてくれたりもする。ふだん走り慣れているエリアなら、取締が頻繁に行われている場所等は頭に入っていると思うが、地方に出かけた時には役に立つ。あくまでも、安全運転のための補助的情報として使いたい。
01

交通取締通知はオービスの取締の場所がわかる

早耳ドライブProは、ねずみ撮りや検問、交通事故といった情報を、ユーザー間で共有できるアプリ。オービスやNシステムの場所も、地図上で確認できる。音声や警告音による注意喚起もあり。メールで情報を受け取ることも可能だ。iPhone用の早耳ドライブProは、開発中の新早耳ドライブがリリースされるまで無料(通常350円)となっているが、2012年10月以来、更新が止まっている(交通情報は常に更新されている)ので、無料で使いたいなら今のうちだ。なおiPad用は早耳ドライブHD、Android用は早耳ドライブ 2.3.3-オービス・検問・取り締まり情報共有という名前で、無料で提供されている。

駐車場検索アプリもドライバーは必携

駐車場を探すなら駐車場・検索(100円)というアプリがある。情報のメンテナンスが完璧ではないようで、家の近所のもう無くなっている駐車場が載っていたりもするが、料金や台数等の情報もわかるし、リストで距離順、料金順、最大料金順に並べ替えできたりもする。立ち上げるだけで現在地周辺の駐車場が地図上にアイコン表示されるから、ナビアプリで検索するよりも素早く、現在地と駐車場の位置関係を把握可能。素早く、近所の駐車場を見つけたい時に役立つ。
07

三井のリパーク駐車場検索


コインパーキングを検索できるアプリは、タイムズや三井のリパークといった会社がそれぞれ個別にリリースしている。タイムズ駐車場検索三井のリパーク駐車場検索も、ともに無料で、iPhone用/Android用の両方あり。両方とも、満空情報がリアルタイムでわかるのは便利だし、ルートの探索もできる。また三井のリパーク駐車場検索は、駐車したリパークを駐車中としてメモしておき、駐車時間を確認したり、出かけた先から駐車場へ戻るのをサポートしたりもできる。

他にもトイレを検索できるアプリ、コンビニを検索できるアプリなど、検索項目を絞ったアプリは多々あり、素早く目的の施設を探すのに役立つ。用途に応じて、必要なものを探してダウンロードしておくといい。