万亀橋から小滝橋、瀧澤橋まで

万亀(まんき)橋から下流を見れば、JRの鉄橋があって、電車が走るのが見える。この日も近所の保育園から先生に連れられた子どもたちがやってきて、電車を眺めていた。

JRの電車が走って行くのが見える

万亀橋から下流方向を見たところ

このあたりはJRあるいは大江戸線の東中野駅が近い。上の画像、右側に繁るのはソメイヨシノの枝だ。動画はこちら。

この辺りでひと休みするのもいいかも

神田川上水公園にはベンチやお手洗いがある

大東(だいとう)橋を過ぎたところに神田川沿いにのびる「神田上水公園」がある。ここにはベンチ、トイレなどがあるので、ここでひと休みして、水分補給したりするといいだろう。動画はこちら。

歩く目安になる

橋と橋の間の距離などが書かれた案内板がある

そして、この先に早稲田通りをまたいでいる小滝橋がある。ここに小さな堰があり、ちょっとした滝になっていたので、この名前がついたそうだ。

早稲田通りにかかる橋だ

かつてここに堰があり、ちょっとした滝があったので、小滝橋とつけられた

中野区側に小滝橋の説明板があった。動画はこちら。さらに行けば、せせらぎ橋というのがあった。せせらぎが聞こえる。動画はこちら。

散歩道はこの先の神高橋から再開される

残念ながらここ瀧澤橋で散歩道は中断。

瀧澤橋まで来ると、突然だが「いきいきウォーク新宿」コースおよび散歩道はいったん中断となる。神高橋までは一般の道になり、神高橋から散歩道が再開し、さらに高戸橋まで来るとやっと「いきいきウォーク」が再開する。ちょっと複雑だ。

というわけで、まずは神高橋を目指そう。行き方は2種類。

とにかくウォーキングという人は北側の新目白通りまで出る。山手線の高架をくぐったところで高田馬場駅方面へ行くと、神高橋に着く。

橋を見たいのなら南側を行こう。落合橋、宮田橋、田島橋、清水川橋などを経て神高橋に着く。ただしこちらは道がけっこう入り組んでいるので注意。その先にはさかえ通り商店街があり、高田馬場駅方向へ出るのでこのあたりでランチやお茶休憩をしてもいいかもしれない。