淀橋から末広橋へ歩く

菖蒲橋の次は相生(あいおい)橋。ここは、けやき橋商店会のあるところだ。以前も記事で書いたように、再開発でこの商店街はなくなってしまう。

周辺の建物はほぼ撤去されていた。

まだ商店街入り口のアーチは残っていた

けやき橋商店会の動画はこちら。

歩き始めて、最初の大きな橋が淀橋となる。青梅街道にかかる橋だ。動画はこちら。余談だが、動画撮影中に30年ぶりくらいだろうか、昔の知り合いから声をかけられた。歩いているといろんな人と遭うね。

中野区と新宿区の境界になっている

青梅街道が神田川をまたぐのが淀橋

上の画像は中野区側から新宿区側を撮ったもの。橋のたもと付近には、橋の由来が書かれた看板がある。

景色が淀川を思い出させるので淀橋と改めよということになった

橋の名前をつけたのは徳川三代将軍の家光

かつて、この橋は「姿見ずの橋」 「いとま乞いの橋」と呼ばれていて、その由来などが不吉だったので、三代将軍の家光が改名させたそうだ。この橋から中野側を歩いてみよう。末広橋の手前にかぐや姫が歌ってヒットした「神田川」の歌碑がある。
大久保通りが神田川をまたぐのが末広橋

「神田川」の歌碑がある末広橋

ちなみに「神田川」とはこんな歌。そして、歌碑までの動画はこちら。