珈琲は濃さの指定も可能

オーナーの木野寛之さん

ドリップ中のオーナー、木野寛之さん

珈琲豆は宮越屋珈琲から仕入れ、1杯あたりたっぷり25gを用いて丹念に抽出。
「濃くても飲みやすくなければ意味がありませんので、すっと喉を通ったあとに残る余韻を大切にしています」

初めての来店なら、深煎りで快い苦みをもつフレンチブレンド、またはまろやかなマイルドブレンド(各650円・おかわり450円)をどうぞ。濃さも「ふつう」以外に「濃いめ」「薄め」を指定できますが、まず最初の1杯はお店のスタンダードを味わうのが基本。
レンチブレンド

フレンチブレンドをロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーで

ドリップの秘訣をうかがうと「珈琲豆に負担をかけないこと」と木野さん。
「あくまで自分の感覚ですが、例えばお湯を高いところから注ぐと、粉にショックを与えて雑味が出てしまうし、ドリップの中の対流が壊れると思うんです。ですから、低い位置から優しく注ぎます」

木野さんが好んで訪れていたのは大坊珈琲店カフェ・バッハでした。
「カフェ・バッハはコーヒーのスタンダートだと思っているんです。自分のコーヒーの味がぶれそうなとき、よくバッハに行って確認していました」

珈琲に合うスイーツとトースト

クロックムッシュとフレンチブレンドのセット

クロックムッシュとフレンチブレンドのセット(1000円)

パティシェの力量を活かしたケーキは、珈琲に合うことを優先し、シンプルなベイクドチーズケーキとガトーショコラの2種類だけ(各500円。ブレンドとセットで950円)。トースト(350円~/ドリンクとセットで750円~)はハムトースト、チーズトースト、フレンチトーストなど、空腹具合に合わせて選ぶことができます。

ビジネス街にあるため、お昼どきは食後の1杯、食後の1服を求めるビジネスマンたちが多く来店。昼休みの時間が限られている彼らのために、珈琲はまとめて淹れています。お店本来の落ち着いた空気を楽しみながら、淹れたての珈琲を愉しむなら14時以降の来店をおすすめします。

メニューの各価格は次ページでどうぞ。