Twitterには、時として爆発的に流行する「ネタ」があります。2014年3月末から4月頭にかけて流行ったのが「ハンドサイン」と「パァ」です。Twitterで見かけたという人も多いのではないでしょうか。

ハンドサインとパァ

ハンドサインとパァ




実際にどのくらい流行したのか数値でみてみましょう。
ハンドサインを含むツイートのTwitter全体のトラフィック量です。

ハンドサインのTwitter総数

ハンドサインを含むツイートの増減



2014年3月28日に少しツイートがあって、徐々に盛り上がり、4月3日がピークになって1日30万ツイートに迫る勢いでツイートされています。3月7日~4月6日までの期間で1,241,622ツイートがありましたが、3月28日以降際立った数のツイートが発生していることがわかります。


一方のパァは、4月1日からツイートが発生しこちらも4月3日がピークになっています。765,368件のツイートが4月1日以降発生しています。なお、絵文字を含む顔文字だけのツイートは4月1日以前も多くはありませんが発生していました。絵文字を含む顔文字にパァがついたツイートが出現するのが4月1日以降です。


( ???パァのツイート総数

パァを含むツイートの増減