黄砂、PM2.5、花粉…春先は大気の環境が悪化しやすい

undefined

 

黄砂やPM2.5、大飛散するスギ・ヒノキ花粉の問題など、春先は大気の状態が悪化することが多い時期。日常生活への影響も無視できなくなってきました。たとえば、黄砂が気道を刺激することによる咳や、のどの不快感を感じたことがある方も少なくないのではないでしょうか。特に、PM2.5の問題は年々深刻になっています。中国の首都北京ではWHO(世界保健機構)が安全と認める限界値の20倍を超える数値も観測されており、日本でも注意報が発令されるなど、対岸の火事では済まされない事態になりつつありますね。

PM2.5とは2.5ミクロン(1000分の1ミリ)以下の微小粒子状物質の総称で、工場や車の排気ガスから生成され、さまざまな汚染物質が付着している可能性があることが心配されています。その多くは0.3ミクロン程度と極めて小さな物質です。黄砂は5ミクロン前後、花粉は30ミクロン前後といわれていますから、PM2.5がいかに小さな物質なのかがわかるでしょう。

この微細物質が体内へ入ると、肺から吸収されて血中へ有害物質が拡がってしまうことが懸念されています。肺は5ミクロン以下の物質は通してしまうといわれていますが、残念ながら肺は外部からの物質を除去する機能(自浄作用)をもっていないので、いったん取り込まれた物質に対してはなすすべがありません。

こうした大気汚染問題は、根本的な解決策がみえないことも大きな課題です。しかし、改善されるまでじっと待ってばかりもいられません。打てる手を打つ、個人レベルでもできる対策を行うということも必要になっているのです。

対策は、汚染物質が肺に入る前、のどの「自浄システム」で食い止めること!

黄砂やPM2.5、花粉対策は、まずはそれらの汚染物質を吸い込まないことが一番。体内に入れないためにマスクの使用も推奨されていますし、洗濯物や布団への付着を防ぐために屋外干しを控えることも必要になるでしょう。もうひとつの対策としては体内の環境を整えること、特にのどを潤わせて「せん毛運動」を活発にさせることが、のどに付着した汚染物質の気道から肺への進入を防ぐポイントになりそうです。

◆「せん毛運動」とは?
鼻や口からのどへと続いている粘膜を顕微鏡で拡大すると、「せん毛」と呼ばれる細かな毛のような組織をみることができます。せん毛がまるでダンスをするように小刻みに動くことで、体内に入ってきた汚染物質やウイルス、雑菌をせきやたんと一緒に体外に排出してくれるのです。つまり「せん毛運動」は人の体に備わっている優れた自浄システムともいえるもの。ただ、せん毛は「乾燥」と「寒さ」に弱い性質があるので、のどを乾燥から守ることが大切なのです。

のどの潤いを保ち、せん毛の活動を活発に保ってくれる薬が「龍角散」です。粘膜の分泌を促すキキョウ、セネガ、せき中枢を沈静化させるキョウニン、炎症を抑えるカンゾウなどの生薬成分を、のどに直接作用させることで潤いをもたらしてくれるのです。

飲みやすい「龍角散ダイレクト スティック」は、水と一緒に飲まないことが大切

「龍角散」には伝統的な微粉末タイプ以外に、水なしで服用できる「龍角散ダイレクト スティック」(第3類医薬品)もあります。スティック状の包装の中に入った顆粒状の薬剤には、龍角散と同じように生薬が含まれており、唾液に触れた瞬間にのどにダイレクトに作用します。ミントとピーチの味で飲みやすいので、薬局・ドラッグストアの店頭でも最近はスティックタイプの人気が高まっていますね。

効果的にのどをケアするためのポイントは水なしで服用すること。顆粒のお薬と同じ感覚で、水で服用する人もいますが、これは間違い。舌の上で溶かしながら服用することで粘膜に直接成分を届け、喉に潤いをもたらすことができるのです。さらに、服用後5分くらいは水を飲まずに我慢することで、効果を持続させることができます。

また、姉妹品の「龍角散ダイレクト トローチ マンゴー」(第3類医薬品)は、手軽に服用できるトローチタイプのお薬です。トローチは、なめている間はずっと有効成分がのどに流れていく仕組みなので、より効果の持続性が高いのです。医薬品のトローチというと、味の面でよくあるのど飴などと比較されてしまいがちですが、このマンゴー味は、マンゴーの風味がしっかりしているのでとてもよいですね。

「龍角散ダイレクト」シリーズは携帯にも便利なので、のどの乾燥が気になったときや、大気の状態が良くないときなどに、早めに服用することができそうです。

のどの酷使から生じる「声がれ」対策にも効果的

undefined

 

実は「龍角散ダイレクト」シリーズは、アナウンサーや声優さんなど「声」を使う職業の方にも愛用者が多いそうです。その理由は、「龍角散」が長時間話を続ける、大きな声を出す、カラオケで歌うなど、のどの酷使による「声がれ」対策にも効き目があるため。「のどがイガイガ」「声がガラガラ」といった状態では仕事ができない「声のプロ達」がのどをケアするために使っていることからも、その効果がうかがわれますね。飲みやすくて、清涼感がのどに気持ちよく、眠気などの副作用がないことも、安心して使われている理由なのでしょう。

声のプロでなくても、プレゼンテーションや大きな会合での発表、お客様との商談など、「声がれ」が気になるシーンは多くありそうですね。ちなみに「龍角散」は海外でも発売されており、香港では「カラオケの前に龍角散」というスタイルも人気があるそうです。

大人は1日3~6回の服用が可能なので、「のどのコンディションがおかしいかな?」、「大気の状況が悪化しそう…」と感じたら、お使いになるとよいでしょう。


龍角散ダイレクト スティック ミント/ピーチ(株式会社龍角散)

undefined

 

(第3類医薬品)
のどのあれ、不快感を和らげる生薬成分を配合。いつでも、どこでも水なしで服用できる顆粒タイプ。生薬成分が患部に直接作用します。

【効能】
たん、せき、のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感
【用法・用量】
大人(15歳以上)1回1包。1日6回水なしで服用。服用間隔は2時間以上おいてください。

龍角散ダイレクト トローチ マンゴー
(第3類医薬品)
微粉末にした生薬成分を配合した唯一のトローチ。マンゴーの香りとメントール含んだマイクロビーズをちりばめた、爽やかな味のトローチです。

【効能】
たん、せき、のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれ
【用法・用量】
大人(15歳以上)1回1錠、5歳以上15歳未満1回1/2錠、5歳未満は服用しないこと。1日3回~6回。服用間隔は2時間以上おいてください。
ご使用に際しては、「使用上の注意」をよく読んで正しくご使用ください。

喉の痛み・違和感には早めの“せん毛ケア”を
意外と知らない?家庭の常備薬 一覧はこちら