あなたも既に資産運用の第1歩は始めている

「資産運用」という言葉は一般的な用語として通用しますが、大多数の人は資産運用を難しく考えている傾向があるように感じてなりません。資産運用というと投資をしなくてはならない、何か小難しいことをしなければならないなどと思われているようですが、私自身、資産運用は難しいことではなく、誰もができるものだと思っています。

普段、私たちが「少しでも有利にお金を増やしたい」と日常的に行っている行動ですら資産運用の立派な第1歩といえると私は考えています。サラリーマンを例にあげると、毎月の給与やボーナス(賞与)は普通預金に振り込まれるはずです。(一部には「現金支給」があるかもしれませんが)

普通預金はペナルティなしで出し入れ自由な預金であることから、利息(収益)が付く金融商品の中では最も金利(収益)が低くなっています。近年、定期預金の金利と普通預金は金利差がわずかしかないことから、普通預金に放って置く人も多いようですが、かつてのように金利差が開いていれば普通預金に預けたままにしないはずです。

普通預金には生活費などの最低限のお金プラスアルファ程度を残して、残りは定期預金などに預け替えるでしょう。なぜなら、少しでも有利にお金を増やして豊かな生活を築きたいと誰もが願うからです。この「少しでも有利にお金を増やしたい」という行動こそが資産運用の第1歩なのです。

つまり、大多数の人が好むと好まざるを得ず、かつこれまで資産運用と意識せずにその第1歩を行っていたというわけです。

第2歩目は少し創意工夫を加える

少しでも有利にお金を増やしたいという無意識の行動が「資産運用」と思っていないことから、資産運用は小難しいと考えてしまうのかもしれません。資産運用の第2歩目としては、その行動に少し創意工夫を加えることにしましょう。

普通預金から定期預金の預け替え。今までは自分がメインバンクとしている金融機関の定期預金に預け替えていましたが、これからはメインバンク以外の金融機関に預け替えるようにしましょう。

メインバンクといえば、都市銀行や地方銀行などの大手銀行になっている人が大多数と思われますが、これらの銀行の定期預金金利は低いといわざるを得ません。そこで、インターネット専業銀行、あるいは一部地方銀行のネット専用支店をその候補にしてみてください。今まで自分が利用していた定期預金金利の数倍、中には十数倍の金利を付けている定期預金が見つかるはずです。

これらの定期預金を利用すれば、お金が有利に増える速度が格段に違ってくるでしょう。人によっては金利の差なんて微々たるものと思われるかもしれませんが、資産運用は1年や数年で終わるものではありません。何十年、いえ生涯現役として行っていく必要があるのです。

仮に1年当たりの利息の差が3000円としましょう。ここでは金利の上下動は無視しますが、5年だと1万5000円、10年で3万円、30年だと9万円、50年で15万円もの差になるのです。1年当たりの差は少ないかもしれませんが、創意工夫を加え継続することで、その差は時の経過とともに大きくなっていくのです。

資産運用を難しく考える必要はありません。いずれかの時点では投資を行った方がよいとは思いますが、段階を踏んで行けばよいことなのです。NISA(少額投資非課税制度)が始まったからといって、現預金がしっかり確保されてもいないのに投資を初めてしまうのは決して褒められた資産運用ではないのです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。