「王道眉」の描き方

眉頭はパウダーでふんわりと薄く描き足します。眉山から眉尻にかけて足りない部分はペンシルで。眉山に自然な抑揚をつけると美人度アップ。眉尻は最後の一本まで繊細に描くことで眉の美しさを強調して。

 

眉中の上にラインを描く
ペンシルで眉中ゾーンの上側にラインを描く。眉山まで描き進めたらストップ。

眉中の下にラインを描いて 中を塗りつぶす
ペンシルで眉中の下側に眉山の下までラインを描く。1で描いたラインとここで描いたラインの中を塗りつぶす。
 

スクリューブラシでぼかす
2で塗りつぶしたところをスクリューブラシでぼかす。スキューブラシの先端の部分を使って左右に少しずつ動かすと◎。

眉頭にも少しぼかす
3で眉中の部分をぼかした流れで、眉頭も軽くぼかす。眉頭までしっかりとぼかすのではなく、軽く触れるくらいでOK。
 

眉山を描く
眉中からペンシルで自然につなげて眉山を描く。一番高い部分を意識しながら描くと眉の形がきれいに。

眉山から眉尻へ
眉尻は自然に流すように描く。最後の一本まで美しく描くことが絶対条件。眉尻がぼやけていては美人顔にならないので要注意。
 
 
このページは2008年3月4日時点の情報です