【新商品】 YKK AP 

防火/準防火地域での樹脂窓提案 「APW330 防火窓」


住まいの快適性やデザイン性を左右する窓。窓のプランニングは、配置や形状、性能などに考慮することが重要ですが、法規上、配慮しなければならないケースもあります。たとえば、防火地域や準防火地域では、防火戸(窓やドア)を使用しなければならない開口部もあり、関東・関西・中部地方などの大都市圏では、約2割程度の比率で防火窓が必要とされているとか。

YKK APからは、国土交通大臣認定防火設備として「APW330防火窓」を2014年4月25日に発売。防火性能、断熱性能を高め、狭小地における住環境を考慮した戸建て住宅に対応する樹脂製の防火窓です。

YKKAP

     (左)商品イメージ(たてすべり出し窓)  (右)商品断面図
 

YKK APは、防火/準防火地域に対応する商品として「防火窓Gシリーズ(アルミ樹脂複合/アルミタイプ)」を揃えていますが、今回発売の断熱性能も兼ね備えた「APW330防火窓」によって、樹脂窓を通じた「小エネ(ローエネ)な暮らし(断熱性能を高めるとともに、光・風など自然の恵みを利用して小さなエネルギーでも快適な生活)」の提案を本格化し、樹脂窓の普及を進めたいとか。

「APW330防火窓」の特徴は、まず高い断熱性能。樹脂フレームとLow-E網入複層ガラス(室内側ガラスの内側にLow-E膜)を組み合わせることで、熱貫流率1.95W/(m2・K)を実現。また、年間での冷暖房費およびCO2排出量は、アルミ窓(複層ガラス)に比較して26%削減、アルミ防火窓に対しては約20%削減することも。

「遮炎性能を有する防火設備(EB)」として大臣認定を取得しているので、建築基準法が定める耐火建築物、準耐火建築物(3階建を含む)に使用可能。都市部の戸建て住宅などにも地域に限定されず幅広く対応できるでしょう。

また、「APW330」のシンプルでスリムなデザインを踏襲しているので、一棟の住宅でトータルに揃えることも。ハーフロック、サブロック、シャッター付引違い窓など防犯にも配慮したタイプもラインアップされており、侵入防止に有効なスリッ トサイズも揃っています。

新築やリフォームの際には、敷地環境、法的な条件など、設計担当者任せにせず、事前に調べておくことも重要です。どのような規制を受けることになるのか、間取りプランへの影響はあるのか、防火窓などの建材設備が必要か、などを確認し理解しておくことは、納得のいく住まいを実現させるための大切なポイントのひとつでしょう。

■商品概要
<構造>樹脂フレーム+Low-E網入複層ガラス
<商品バリエーション>【アングル付枠/無枠】
たてすべり出し窓、すべり出し窓、FIX窓、開き窓テラス、シャッター付引違い窓、シャッター付引違いテラス戸
<オプション>網戸、窓額縁
<基本性能>断熱性 H-5、耐風圧性 S-3 ※一部サイズはS-2、
気密性 A-4、水密性 W-4、遮音性 等級3
<カラーバリエーション>フレーム:外観  ホワイト、プラチナステン、ブラウン
内観  ホワイト、ナチュラル、クリア、ダークブラウン
ガラス:ブルー、ブロンズ、ニュートラル
※フレーム外観3色×内観4色=計12色、ガラス3色
<保証期間>「APW」標準仕様となる10年保証。シリアルナンバーによる一窓毎のデータ管理で万が一のときでもスピーディなアフターサービスが可能。
<メーカー希望小売価格>(ガラス込、消費税・現場搬入費・取付費・網戸は含まず)
たてすべり出し窓 (Low-E網入複層ガラス) 幅(W)640mm × 高さ(H)1,170mm
外観プラチナステン/内観ホワイト 101,600円

■詳細情報  YKK AP 



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。