憧れ!スモールラグジュアリーホテルステイ

ミーティングルームではちょっとしたセミナーやプライベートパーティなども可能

ミーティングルームではちょっとしたセミナーやプライベートパーティなども可能

常に閉ざされているゲート。セキュリティで名前を言えば入れてくれる

常に閉ざされているゲート。セキュリティで名前を言えば入れてくれる

バンコクには規模が小さく、お洒落なブティックホテルがたくさんあります。そのほとんどが、手作り感のあるナチュラルなコンセプトのホテルなのですが、こちらMADUZI(マドゥジ)は、高級ホテルの小さい版といった感じ。欧米諸国のブティックホテルが多く加盟するSHL(スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド)にも加盟しています。タイではSHL加盟ホテルのほとんどがビーチリゾートとなっていますが、シティホテルではMADUZI、Hanser、The Siam、S31などが加盟しているようです。


 
ちょっとした寛ぎスペースの家具も高級

ちょっとした寛ぎスペースの家具も高級

さて、MADUZIホテルの特徴をいくつか挙げてみましょう。まず、宿泊またはレストラン利用ゲストしかホテルの中に入れないプライベートゲートウエイを採用していること。ゲストは事前に予約を入れ、ゲートで名前を言わなければ中に入れてもらえません。

次に、レセプションが無いこと。いわゆるホテルのチェックインカウンター的なものはなく、扉を開けて中に入ると、目の前にあるバーカウンターからスタッフが出てきて、話しかけてきます。そして、ルームファシリティが高級ブランドで揃えられていること。後ほど詳しく説明しますね。

 

セレブリティ気分で過ごせるゲストルーム

素材にこだわったインテリアが素敵なゲストルーム

素材にこだわったインテリアが素敵なゲストルーム

明るく清潔感のあるチェンジングルーム

明るく清潔感のあるチェンジングルーム

高級感溢れるウッド調の内装に本革を使用したインテリア。ベッドは眠りにこだわる人が選ぶSealy社のマットを採用。スーパーキングサイズの広々としたベッドで肌触りの良い布団とフェザーピローに包まれてぐっすり眠りましょう。

 
天井から落ちるお湯が面白い

天井から落ちるお湯が面白い

また、自慢のバスルームは全40室すべてにジャグジーバスタブが。しかもお湯が天井から落ちて来るというびっくりな仕掛け! わざとお湯を溢れさせて使うアメリカKOHLER社のインフィニティバスタブとなっています。ビジネスユースに合わせ、イタリアンレザーのデスクにはプリンターやIP電話を設置。エスプレッソマシーンもあり、ミニバーは一部を除きインクルーシブとなっています。もちろん、DVDプレイヤーも備えており、音響システムはBOSE社製。リラックスしたい夜は、リクライニングチェアに座って映画鑑賞も良いですね。

 

日本人シェフが活躍するフレンチレストラン

完全予約制というプライベート感がゲストを喜ばせている「Maduzi Restaurant」

完全予約制というプライベート感がゲストを喜ばせている「Maduzi Restaurant」

ライブラリー風のインテリアが面白い

ライブラリー風のインテリアが面白い

ホテル内にレストランは一つ。フレンチレストラン「Maduzi Restaurant by Yuya」は、銀座のフレンチレストランで活躍していた日本人フレンチシェフ奥田氏が腕を振るうレストランです。ランチもディナーも完全予約制となっており、バンコク在住日本人に支持されています。日替わりランチは450バーツ(約1,500円)から、ディナーコースは1,500バーツ(約5,000円)からとなっており、誕生日や記念日にケーキのリクエストも可能。季節の素材を意識したメニュー構成はさすが日本人シェフ、という感じです。

レストランのインテリアコンセプトは「ライブラリー」。オーナーが集めた世界中のインテリアブックや写真集が並ぶ個性的なデザインがお洒落。レストランのプロモーションはバンコクの情報誌WOMに掲載されています。PDFでダウンロードできるので、お得な情報をゲットしてくださいね!

<DATA>
Maduzi Hotel, Bangkok 
住所:9/1 Ratchadaphisek, Klongtoey, Klongtoey, Bangkok 10110, Thailand.
電話:+66 (0) 2615 6400

タイ・バンコクの情報ならこちら
WOMバンコク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。