維持費だけじゃなく、ガソリン代もかからない

あっちにプリウス、こっちにリーフと乗れるクルマがたくさんあるのに、それらの駐車場代を払う必要はない。自動車税も自動車保険も車検代もかからない。あと意外と知られていないが、ガソリン代も不要だ。

もちろんすべてタダではない。使った分だけ払う、というのがカーシェアリングの基本だ。カーシェアリングサービスを運営する大手3社(タイムズカープラス、オリックスカーシェア、カレコ)を見てみると15分200円程度から利用できる。これに月額基本料金+距離料金(1kmあたり15円など)が加算される(距離料金がない場合もある)だけだ。また6時間パックなど、長時間利用の際に割安になるパック料金や、学生や平日の利用が安いプランなど、各社それぞれに多様な料金体系がある。

新車購入vsカーシェアリング

確かに乗ればお金がかかる。それでも所有する場合と比べたら、いや比較するのがバカバカしくなるくらい、安い。そのバカバカしい比較を、タイムズカープラスを例にやってみよう。なお、平成26年4月からエコカー減税が変更になるが、ここでは一旦無視する。

■新車でプリウスを4月に購入し、3年間乗った場合のシミュレーション

・車両本体価格/252万円(プリウスG)
・駐車場代/月2万円×36カ月=72万円
・自動車税/年3万9500円×2年+2万円(登録の翌年度)=5万9500円
・自動車重量税/7500円(新車時は0円、最初の車検時に7500円)
・自動車取得税/0円
・自賠責保険/4万40円(37ヵ月)
・自動車保険/4万7000円×3年=14万1000円
・ガソリン代/年間5000km、燃費が20km/L、ガソリン価格を150円として3万7500円×3年=11万2500円

以上、合計360万540円。エコカー減税の恩恵をバリバリ受けているプリウスですら維持費だけでも100万円超になる。

一方で、タイムズカープラスならどうか。

■タイムズカープラスを3年間利用した場合

・入会費/1500円
・月額基本料金/1000円(個人プラン)×36カ月=3万6000円
・利用料金/週1回4時間利用したとして、3200円×52週×3年=49万9200円(タイムズカープラスではこの利用方法だと距離料金なし)。

以上、合計53万6700円。3年間で約306万円も安い(プリウスがもう一台買える!)。それどころか購入した場合の駐車場代よりも安く済む。利用時間を6時間に増やしても、6時間パックなるものがあり、1回につき3900円だから合計60万8400円、3年間で7万1700円上がるだけだ。厳密にいえば、タイムズカープラスの場合毎月1000円無料で乗れるため、1000×12カ月×3年=3万6000円をここから引く必要がある。

あっちのプリウス、こっちのリーフに乗っても、クルマを購入した場合にかかる駐車場代よりも安いなんて、やっぱりバカバカしい比較だったでしょ?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。