『デンタルケア』、今回が最終回となります。第1回目、そして第2回目の記事を通して、犬の歯や口の中の環境について、また、歯周病を放っておくと体にいいことは一つもないということがよくご理解頂けたかと思います。今回は、歯周病を少しでも早く見つけるには? そのチェックポイントと、歯磨きの仕方などについて、前回同様、フジタ動物病院院長の藤田桂一先生に教えて頂きます。

=Index=
・おうちでできる、歯周病チェック!
・歯磨きの仕方
・歯ブラシの使い方と歯磨きのポイント

おうちでできる、歯周病チェック!

フジタ動物病院院長藤田桂一先生
「愛犬の健康維持のためにも、是非歯磨きを習慣づけてあげてくださいね」(藤田先生)
前回の記事で、歯周病を放っておくと想像以上に怖いことになる……ということがおわかり頂けたかと思いますが、では、そんな歯周病、少しでも早くに気づいてあげたいですよね? 「これって歯周病?」とチェックできるようなポイントというものはあるのでしょうか。

「元来、歯周病の症状というものはわかりにくいところもあるのですが、主に以下に挙げるようなものは歯周病を疑うことができます。ただし、これらにあてはまるからといって、必ずしも歯周病であるとは限りません。他の病気からくる症状である場合も充分にありえますので、少しでも変だな……と思った時には、なるべく早めに動物病院で診察してもらうことをお勧めします」(藤田先生)

■よだれが多くなった。
■口の周りの汚れが目立つようになった。
■口臭を感じる。
■口の周りを前足で気にしていることが多い。
■口を床や家具などにこすりつけていることが多い。
■頭をよく振っている。
■口の周りを触ろうとすると嫌がる。
■軟らかいものばかりを好み、硬いものは食べようとしない。
■食事中に口からぽろぽろと食べ物をこぼすことが多い。
■片側の歯で物を噛んでいることが多い。
■食事中、または何かを噛んでいる最中、急に妙な声を出すことがある。
■食事を口の中に入れるものの、すぐにそれを出してしまう。
■食欲はありそうなのに、食べようとしない。
■片側の目に目やにが見られる、または目が充血している。
■クシャミ、鼻水、鼻からの出血などが断続的に見られる。
■頬や顎が腫れている。または、穴が開いている。    etc.

一見、歯周病とは関係ないように思える症状もある

上記のチェックポイントを見るとわかるように、一見して歯周病とは関係ないように思えるものも含まれています。

「片側の目から目やにが出る、目が充血している」というのは、上顎の奥歯の歯根周囲に炎症が起こると、それが目の周りにも波及することがあるためです。また、「クシャミ、鼻水、鼻からの出血」が見られることがあるのは、第2回目の記事でご紹介した“口鼻瘻管(こうびろうかん)”を思い出して頂ければわかると思いますが、上顎の歯の周りの炎症が進行した結果、口腔と鼻腔とを隔てる骨を溶かしてしまい、鼻と口とがつながってしまうことから、クシャミや鼻水、鼻血などの症状が見られることがあるのです。

このような症状が見られるようになる前に、早めに歯や口の中の変化に気づいてあげたいものです。そのためには、日頃から小まめに愛犬の口の中をチェックしてあげましょう。

■歯の色、汚れ、歯垢・歯石がついていないかなどをチェック。
■歯肉の色や、腫れなどがないかをチェック。
■口臭はしていないかをチェック。

では、歯周病を予防するには、こうしたチェックの他にどうしたらいいのでしょうか? それは簡単、習慣的に歯磨きをしてあげることです! 次のページでは、歯磨きの仕方をご紹介します。