エンジンはユーザーに優しいマイルドな感触

VT750S

VT750S

エンジンをかけてみると、マフラーからは、重低音の効いた音がとどろきます。軽くアクセルを開けてみると、今度は心地よいサウンドが。走り出してみると、どの回転域で回しても癖がなく柔らかく加速します。この出力特性は最近のホンダの車両に多い傾向です。

VT750Sは750ccという排気量なりの低速のトルクを感じることは出来ますが、アメリカンのバイクと比べると、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。同社のシャドウファントムなどは、アクセルを開けた瞬間からトルクがモリモリと出ている感じですが、それと比べると、VT750Sの走り出しのトルクは出ていないように感じてしまうかもしれません。しかし、走り出しの圧倒的なトルクはないかわりに中速から高速にかけては、同クラスのアメリカンに比べて滑らかに加速していきます。

同排気量クラスのアメリカンに乗ったことがある方だと、始めは初速のトルクを感じない為、パワーがないな。と感じてしまうかもしれませんが、乗り込んでいくと、中速から高速域の滑らかな加速を感じることが出来ると思います。

スポーツスターと比べたらどうか?

前述したとおり、私の愛車はハーレーのスポーツスターXL1200Rです。同じようにネイキッドとアメリカンの中間のようなスポーツスターですが、両方の車両を比べてみると、足回りに関しては、VT750Sの方が圧倒的によく出来ています。コーナーでの曲がりやすさ、ブレーキの性能、直進走行時の振動などライダーへの負担。全てにおいて、VT750Sの方がよく出来ています。

スポーツスターは「Tシャツにスニーカーで乗れるハーレー」と表現されることがありますが、実際はそれほど気軽に乗れるバイクではなく、乗る際にはある程度の気構えが必要になります。それに対して、VT750Sはまさに「Tシャツにスニーカーで気軽に乗れるという」表現がピッタリのバイクです。しかし、スポーツスターがVT750Sに比べて劣っているというわけではありません。

そもそもハーレーはアメリカの広大な台地を走ることを想定して作られているバイクですので、ちょこちょこ街中を走るようなバイクではありません。アクセルを開けると圧倒的なトルクでグングンと前に進みます。このエンジンの特性に魅せられる人は多いはずです。

また、長いホイールベースと重い車重は直進安定性という面では非常に優れています。車両を細かく見れば、重厚な作りをしており、ハーレーダビッドソンを所有しているという所有感を満たしてくれます。

頻繁にバイクの乗るならお勧めの1台

VT750Sは乗るのに気負いが全く必要がないバイクです。車重は214キロありますが、実際に乗ってみると重さを感じさせません。直進安定性は抜群でコーナーも全く気負わずに曲がっていけます。

私は一週間フルで足として使いましたが、、足としての快適さゆえに、ホンダさんに車両を返すのが嫌になってきてしまいました。乗っているうちに良さが実感できてくる懐の深いバイクです。私のように頻繁にバイクに乗る人には是非にともお勧めしたい1台です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。