ネイキッドとアメリカンの中間を感じさせる1台

VT750S

VT750S

ハーレー スポーツスターのようだと言われるホンダVT750S。実は私はハーレーのスポーツスターXL1200Rのオーナーです。リリース当時、ホンダ版のスポーツスターと皮肉めいたことをいう人もいましたが、私はネイキッドとアメリカンの中間のようなスポーツスターのデザインは日本車にも取り入れられるべきだと思っていました。

アメリカンバイクのスタイルとは、ホイールベースが長く、車高が低い、そして同程度の排気量の車種と比べると重い。という特徴があります。これらの特徴は旋回する為の性能重視ではなく、直進安定性を求めた特性です。日本のように国土が狭い国では、ひたすら直進するというシチュエーションは少なくて、旋回する場面は少なくありません。

その為、ひたすら直進安定性を求めたアメリカンスタイルと、全てにおいてバランスがよく作られているネイキッドスタイルの中間デザインは、日本の国土にはピッタリだと思うのです。実際に毎日の東京都内の通勤でVT750Sを使ってみた試乗レビューをお届けしつつ、スポーツスターオーナーの私から見たVT750Sの魅力をお伝えしようと思います。

走行性能はネイキッドとアメリカンの中間を感じさせる

各車両スペック

各車両スペック
 

VT750Sのホイールベースは1560mm、車両重量232キロ、シート高は750mm。ホンダの同排気量のネイキッドバイクNC750Sのスペックを見てみると、ホイールベース1525mm、車両重量214キロ、シート高が790mm。比べてみると、VT750Sはホイールベースは長く、車重も重く、そしてシート高も低いのですが、同排気量であるアメリカンバイクのシャドウファントムのスペックを見てみると、ホイールベース1640mm、車重は250キロ、シート高は650mm。サイズを見てみても、VT750Sはアメリカンとネイキッドの間のサイズです。

いざ走り出してみると、直進安定性は抜群で、安定して走行することが可能です。特に橋の上などの横風が強いロケーションでも、普段乗っているネイキッドよりも安定して走ることが出来ました。また、コーナーを曲がってみると、ハンドリングはとても自然で、癖がありません。直進、カーブともに気を張って走る感覚は全くなく、気楽に乗ることが可能です。東京都内の混雑している道を走行していても、ほとんどストレスは感じず、右に左に自由に車線変更することができ、都内を走るのにはもっとも大事な軽快さも兼ね備えています。

アメリカンのバイクはフロントブレーキが効きにくい印象がある車種が多いのですが、比較的きっちりと効きます。制動力は全く問題ありません。